Living Legend-Leslie Cheung(Part 1)

不死傳奇 - 張國榮part1(You Tubeから) 英訳してもらったものを訳してみました。

日本のファンがメンバーカードやレスリーの写真を見せているシーン~ロケ地巡りの様子
♪為你鍾情
日本のファン:ここは80年代に哥哥が住んでいた場所です。

「欲望の翼」のロケ地を巡っている様子

キャットストリートの「輝記」の店主:哥哥はかつてここで撮影したんです。毎年彼の命日には多くの観光客(ファンたち)がアメリカや台湾、北京、上海から来ます。

世界中からですか?

店主:はい、また深圳からも来ます。みんなこの場所にどうやってくるか知っています。ほとんどの人が。何人かは毎年来ています。わたしは見て、わかります。ああ、前にきた人だと...わたしがわかるのはそれほど多くないですけれど。

あなたもファンなんですか?

店主:はい、わたしも。

あなたも?

店主:このキーホルダーを見てください。彼の写真が入っています。

店主:こっちにも(キーホルダーを見せる)

店主:彼については...どう言ったらいいか...何と説明したらいいのかわからないんですけれど。彼はとてもフレンドリーで、本当にいい人。気取らないし、高ぶらない。(レスリーの写真を見る)2日か3日に一回はこの写真を取り出して見ます。

「唯美鍾情 張國榮」
1997年コンサートの様子

カレン・モク:わたしは確かに哥哥の最初のファンだと思うの。

カレン・モク:わたしが初めて彼に会った時は、彼は有線放送のTV局の歌唱コンテストで歌っていた時なの。

カレン・モク:わたしの母がその時のTV局の役員で、その大きなバラエティーショーで、花束を渡す小さい子が必要だったの。わたしはその中の1人だったのよ。

カレン・モク:哥哥が歌う時、真っ白い服でとってもかっこよかった。彼は「アメリカンパイ」を歌ったの。英語で。彼は歌って、踊って、とってもスタイリッシュで、見ているのがすごく嬉しかったし、うっとりしたわ。

7番目はミスターレスリー・チャン フロム香港、20歳、学生!
♪American pie

マイケル・ライ:彼は7分もある「アメリカン・パイ」を歌ったんだ。わたしは言ったよ「君、もし君がコンテストに出たいなら、君には3分か4分しか時間をあげられないよ。」 彼はこう言った。もしこの歌を短くカットしたら、どうやってこの歌の思いを伝えればいいんだって。わたしはこう言った。その効果はわかるよ。でも、ショーの時間は皆同じで平等じゃなくちゃならないんだ。

マイケル・ライ:彼はとてもやせていて、色黒だった。そしてどこか気品があった。

♪ American pie

ミセス・モク(カレン・モクの母):TV局の上司とわたしは舞台裏にいました。スティーブ(TV局の上司)がレスリーを見た時、彼はレスリーに歩み寄って、握手をして、わたし達の前でこう言いました。「レスリー、僕は君をスターにするよ」 レスリーの喜びと希望が彼の眼に表れていました。わたし達はお互いを見合いながら、そうなるということがわかりました。

♪ American pie

(続く)
Japanese translated by Franny
[PR]
トラックバックURL : http://leslie.exblog.jp/tb/6709258
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by Franny64 | 2008-01-24 00:13 | Film | Trackback | Comments(0)

レスリー・チャン(張國榮)に関するmy memoir 


by Franny64