<   2005年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

Poster

「覇王別姫芸術展」で使用したポスター。
a0020835_6245975.jpg

Photo by Johnson
[PR]
by Franny64 | 2005-09-30 21:08 | RED Mission | Trackback | Comments(0)

Pekin Reijin-Syo

最近、京劇に関するサイトを見ていますが、この漫画がよく紹介されています。レスリーのファンの方ですでにこの本をお持ちの方もたくさんいらっしゃるでしょうね。わたしは今回初めて知り、早速取り寄せて読みました。 皇(すめらぎ)なつきさんの「燕京伶人抄(ぺきんれいじんしょう)」です。この本のあとがきにもありましたが「さらば、わが愛 覇王別姫」をみて夢中になり、京劇についての作品を書かれたそうです。わたしはこの漫画を見て、これはレスリーをモデルにしたみたいと思ってしまいました。まるでレスリーを見ているようでした。とても美しい絵に惹かれます。
a0020835_8494955.jpg
[PR]
by Franny64 | 2005-09-29 11:55 | Monologue | Trackback | Comments(0)

Ken Takakura

今日の朝のニュースで高倉健の出演作「単騎、千里を走る」(千里走単騎)の紹介がありました。東京国際映画祭でオープニング作品として上映されるようです。チャン・イーモウ監督の作品で、高倉健は「病気で倒れた民俗学者の息子の代わりに、京劇の撮影のため中国に渡る父親」という役どころということなので、(今、京劇について勉強中ということもあり(^^;)ぜひ、観てみたいなぁと思いました。レスリーもかつて共演したい日本の男優さんに「健さん」を挙げていましたね。

高倉健さんはわたしにとってちょっと気になる俳優さんでもありました。もう10年以上前になりますが(^^;、わたしの仕事仲間でもあり、親しくしていた(日本語が堪能な)アメリカ人の英語の先生は高倉健さんの知り合いでした。彼の英語の先生でした。皇居の付近でマラソンをしている時に健さんと知り合い、彼に英語を教えるようになったといっていました。その時に、わたしは高倉健さんの映画のイメージから、日本の古いタイプの男性を演じる俳優さんというイメージがあったので、英語を習っているという話に驚いて、海外での仕事を視野に入れて英語を習っているのかなと思って、とてもプロフェッショナルな人なのだなという印象を持ちました。今回も中国に単独で入り、撮影をしたという話が番組で紹介されていましたが、レスリーの「覇王別姫」の北京での撮影の時のようだと思いました。日本で公開されたら観に行ってみようと思いました。
[PR]
by Franny64 | 2005-09-28 19:27 | His Favourite | Trackback(2) | Comments(2)
「ブエノスアイレス」がしんゆり映画祭で上映されます。10月7日21時10分。ワーナーマイカルシネマ新百合ヶ丘。800円。
「映画祭」でレスリーの映画が上映されるのは(その「映画祭」に上映作品として選ばれるというのは)嬉しいですね。わたしもチケットを購入しました。
映画祭活動日誌には、「KAWASAKI しんゆり映画祭は、市民ボランティアスタッフを中心に、企画から準備・当日進行まで行う手作りの映画祭。」と書いてあります。本当に映画を愛している人たちが作る映画祭というのはわくわくしますね。選ばれている作品にも、観たいなぁと思う作品がいくつもありました。(レスリーのMV「夢到内河」にインスピレーションを与えた映画Billy Eliot (リトル・ダンサー)もあります)
ポスター展も開催されているようです。お近くの方はぜひ「ブエノスアイレス」に投票してきてください。

ラテンアメリカの風 「ブエノスアイレス」(しんゆり映画祭から)
a0020835_6573311.jpg

「ブエノスアイレス」オフィシャルサイト
[PR]
by Franny64 | 2005-09-27 22:36 | Film | Trackback | Comments(0)

Lesliesky

先日中国(上海)のファンサイトLeslieskyについてご紹介しましたが、登録をしないと見ることができないページがあります。その登録の仕方が難しいということでしたので、WebmasterのSammyさんに登録の仕方を教えていただきました。

登録ページはこちらから

Sammyさんが説明を書いてくださいました。
注)画像はクリックすると大きくなりますので、クリックしてみてください。
a0020835_23492396.jpg


a0020835_191721.jpg



登録できた方は次からはこの画面から入ります。


a0020835_184457.jpg



楽しんでください♪
[PR]
by Franny64 | 2005-09-26 23:58 | My Favourite | Trackback | Comments(0)

World tour

「覇王別姫芸術展」を各国で開催するというのはRED MISSIONが香港で開催する計画を立てたときから予定として組まれていました。その中には日本、韓国、台湾、中国も含まれていました。もちろん、日本ではRED MISSION JAPANが、韓国ではRED MISSION KOREAが実際には動かなければなりません。実現には様々な準備が必要です。今年は無理ですが、来年には開催したいという夢があります。夢は強く願えばかなうと信じたいです。
[PR]
by Franny64 | 2005-09-25 21:53 | RED Mission | Trackback | Comments(2)

Beijing Opera

今日は少し京劇のことを調べました。インターネットのおかげでいろいろなことを知ることができます。素敵なサイトを見つけました。許可をいただきましたらぜひ、紹介したいと思います。
[PR]
by Franny64 | 2005-09-24 23:35 | Monologue | Trackback | Comments(0)

Farewell to My Concubine

「覇王別姫芸術展」で展示されたものの中には各国のDVDや宣伝用のプレスシート、関連書品(例えばクリスマスカード)、雑誌などがありました。それらを比較してみると、それぞれに国によってメインになる人物が違ったり、ハイライトシーンが違ったりするのだなと思いました。
いろいろな資料を集めたり、少し調べたりしてみたいと思い、それぞれの国のDVDやVHSのカバー写真などを調べてみました。(A Time to Remember)タイトルも英語のままだったり、それぞれの国の言葉に直したり。英語でもFarewell, My Concubineというのと、Farewell to My Concubineというのがありますし、フランス語ではAdieu ma concubine、ドイツ語ではLebewohl, meine Konkubineです。「覇王別姫」がオリジナルタイトルで、「Farewell to My Concubine」が英語のタイトルですが、日本語のタイトル「さらば、わが愛/覇王別姫」は誰がつけたのかなと思いました。Farewellはもう会うことがない人に使う言葉と英語の先生がGood byeと比較して言いました。遠くに引っ越してしまう人に、お別れにFarewell Partyをすることがあります。時々「Farewell Party」じゃぁ、悲しすぎるから「Farewell」なんて言わないで、というい人もいます。ですから、「さらば」で永遠の別れを告げる言葉を表すのはいろいろな含みもあって、意味も深いような気がしています。My Concubineを「わが愛」としているのも素敵です。文字通りの「わたしのめかけ/内妻」では悲しすぎる。。。

イギリスのビデオのカバー
a0020835_549953.jpg
[PR]
by Franny64 | 2005-09-23 22:22 | Film | Trackback | Comments(2)
香港で行なわれた「覇王別姫芸術展」の様子が少しネット上で見られます。
 
無線電視翡翠台2005-09-09 東張西望

レポートもアップしましたのであわせてご覧になってみてください。

912 Happy Togetherの様子も少しネット上で見られます。

Cable-TV

レポートも一部アップしました。
[PR]
by Franny64 | 2005-09-22 23:56 | RED Mission | Trackback | Comments(0)

His Favourite song

最近は香港で海外のファンに会うと、MSNメッセンジャーをやっている?と聞かれます。そして、そのアドレスを教えて。ファイル送るからとか、写真送るからと言われます。メッセンジャーはチャットのようなもので、インターネット上で文字でやり取りをする電話のようなものです。便利なのはファイル(写真や音楽、映像)などが相手に送れること、何か急に聞きたいことがあるときに相手がオンラインだったら話しかけられることです。その逆に仕事で忙しくしている時に話しかけられたり、ちょっと席をはずしている時に話しかけられると気がつかないときもありますが。。。

昨日はメールの返事を書いている間に上海のファンとも話をしていました。彼女達はサイト上でインターネットラジオの番組を担当し、レスリーにまつわる話や曲の紹介などを月に1回くらいのペースで発信し始めたのだそうです。それで、そのラジオを聴きながら仕事をしていました。もうすぐ彼女がDJの当番になると言うので、楽しみにしています。レスリーの曲だけ流れるラジオなんていいわねと言うと、レスリーの曲だけでなくて、レスリーが好きな曲も流す予定です。と言います。レスリーが好きな曲?と聞くと、レスリーが車の中でかけている曲とかです。というので、何の曲かわかる?と聞きましたら、レスリーがトーク番組で話していたという「舊夢不須記」という曲を教えてくれました。ダウンロードして聴けますよとアドレスも教えてくれました。
皆さんにもシェアしたいと思います。ぜひ、聴いてみて下さい。舊夢不須記

*ちょっとタイトルを間違えてしまいました。ごめんなさい。(^^;詳しい紹介を載せました。
[PR]
by Franny64 | 2005-09-21 05:56 | His Favourite | Trackback | Comments(3)

レスリー・チャン(張國榮)に関するmy memoir 


by Franny64