<   2005年 12月 ( 33 )   > この月の画像一覧

Imagine

12月28日の朝日新聞の夕刊、ニッポン人脈記 ビートルズの時代⑫で、オノヨーコさんのコメントが載っていました。12月8日はジョン・レノンの25回目の命日で、ニューヨークのセントラルパークには多くのファンが訪れたそうです。オノ・ヨーコさんが現れたとき、「来てくれてありがとう」と声をかけられたそうです。
「25年前もここに来た人、25年の間に生まれた人。世界各地から集まった人が、亡くなったレノンの妻に「来てくれてありがとう」と語りかける。不思議な光景だった。」とありました。
オノ・ヨーコさんが後日の取材で「25年という区切りの年にファンの人たちにお礼を言いたかったので出かけました。私たちは家族なんだ、心臓の鼓動は一緒なんだと確認できました」と答えています。例年、彼の亡くなった日には彼女はろうそくを灯して静かに過ごし、10月9日のレノンのお誕生日にはコンサートなどを開くそうです。
「命日に彼がいないことを悲しむよりも、誕生日に彼が地上にいてくれたことを喜ぶ方がポジティブだから。」

この記事を読んで、レスリーを想い、わたしもそうだなと思いました。4月1日はレスリーを忘れないとレスリーに伝える日で、9月12日はレスリーがわたし達の世界にいてくれたことを喜ぶ日です。

ジェームス・ディーンの没後50周年ということで、彼の映画が次々とテレビで放映されるというCMを見ました。50年前、まだわたしは生まれていませんでした。でも、わたしの世代のファンもいるでしょう。もっと若い方も。。。生きていた彼を知らなくても彼の作品を観て彼のファンになります。作品の素晴らしさがファンを生んでいくのだと思います。レスリーも彼の作品(歌や映画)によって、これからも多くのファンが生まれていくと思います。

そう思うと悲しみも和らぎます。新しい年をそういうポジティブな気持ちで迎えられるようになりたいです。

わたしの好きなジョン・レノンの歌

Imagine

Imagine there's no heaven,
It's easy if you try,
No hell below us,
Above us only sky,
Imagine all the people
living for today...

Imagine there's no countries,
It isn't hard to do,
Nothing to kill or die for,
No religion too,
Imagine all the people
living life in peace...

Imagine no possesions,
I wonder if you can,
No need for greed or hunger,
A brotherhood of man,
Imagine all the people
Sharing all the world...

You may say I'm a dreamer,
but I'm not the only one,
I hope some day you'll join us,
And the world will live as one.


↑ここは特に好きな箇所
[PR]
by Franny64 | 2005-12-31 06:48 | Monologue | Trackback | Comments(0)

Christmas message to Leslie

香港に行っていたファンの方からメールをいただきました。レスリーへのクリスマスメッセージをご覧になったそうです。写真も送ってくださいました。

ファンの方のメールから。。。

マンダリンともお別れだなあ、と思いながら隣の広場に目をやると、クリスマスメッセージが並んでいました。ここで嬉しい発見、各国の迷のメッセージがたくさんありました。レスリーだらけ、と言っても過言ではなかったです。もちろん、Frannyさんやわたしの迷友のもすぐに見つけられました。レスリーは本当に多くの人々に愛されている、現在進行形で感じました。日本ではなんでもすぐに片付けるので、クリスマスが終わった26日ではメッセージのことなど思いもしていませんでした。本当に心がほわっと温かくなりました。悲しいことですが、香港に行くとレスリーの不在を感じずにはおれません。町中に貼られている、レスリーと活躍した彼らのポスターを見るにつけ、悲しみとも悔しさとも、言いようのない気分になります。でも、レスリーを思う世界中の迷の言葉がこんなにたくさん寄せられていて嬉しかったです。
a0020835_7595783.jpg

香港のファンによると、今年レスリーへのメッセージが3000ほど集まったそうです。昨年は2000でしたから、1.5倍も増えましたね。すごいです。
31日にはアニタを追悼して「ルージュ」がテレビで放映されるそうです。そのCMがテレビで流れていたそうです。明日、31日にはわたしも家で「ルージュ」を観ようと思いました。
[PR]
by Franny64 | 2005-12-30 20:02 | News | Trackback | Comments(1)

Spring rain

中国のファンSammyさんから紹介していただいたレスリーのエピソードです。中国の記者の記事の訳です。

**************************************

レスリー・チャンはとても心が細やかで人への心やりはまるで音を立てない春の雨のように静かに潤す。

初めての出会いは90年代後半で、わたしはまだ新人でした。あるチャリティーパーティーでレスリー・チャンを見ました。わたしは「覇王別姫」の話をちょっとしたかったのですけれど、わたしは新人でしたし、彼は人々の中にいて、少し遠くにいたので、挨拶をする勇気もなくて一定の距離を保って彼の近くにいました。

彼は心がとても細やかです。意外にもわたしに話しかけてくださって「窓のそばは寒いですよ。風邪をひかないように気をつけてください。(窗口极冷,留心冻着)」と言いました。わたしは下手な広東語で何か話しかけました。「あなたは記者のようではないですね。(你看上去不像记者)」と彼が言いましたので、わたしは名刺を渡しました。彼は両手でそれを受け取り、注意深くしばらく見てから「あなたはとても緊張してみるみたいだけれど。あなたはとても美しいですよ。(你无需这么紧张,你看上去很漂亮)」と僕を信じるようにとしっかり頷きました。その時とても嬉しかったです。話しているうちに広東語がどんどん下手になりました。レスリーは「大丈夫。国語(普通語)ではなしていいですよ。(不紧要,就讲国语好了)。」と言いました。わたしは申し訳ありませんと言うと、彼は「大丈夫ですよ。国語(普通語)は聞きやすいし、自分の言いたいことが通じれば何語で話してもいいんですよ。大丈夫。大丈夫です。(国语很好听,只要能表达出意思,说什么都一样,不紧要的,不紧要的)」と言いました。あの日彼が言った言葉は「大丈夫(不紧要)」という3語が多かったです。わたしが彼を恐れないようにと、とても優しく接してくれて、彼はとても穏やかな人でした。

彼の自殺のニュースを聞いたときは何も手につかずボーっとしていました。彼は本当に善良で、人を助けることが好きで、迷惑を絶対にかけない人です。レスリーのことはわたしの中で消えない傷となって残りました。この仕事をしていることもあってわたしの傷は決して消えないでしょう。
[PR]
by Franny64 | 2005-12-29 10:00 | News | Trackback | Comments(0)

I love all about you!

今日はPCの調子が悪くてインターネットがつながりませんでした。昨年のこの時期もつながらなくて、とても焦ったことを思い出しました。機械音痴なので理由はわかりませんが。。。(^^;

それでPCに向かう時間を読書に充てました。「The One and Only・・・Leslie Cheung日本語翻訳版」を読みました。幾つかの記事は英語訳を訳したこともあったので、既読でしたが各国のファンからの寄稿文は初見だったこともあって、涙、涙。。。で読みました。読みながらいろいろなことを思い出しました。この本の準備は2003年の秋ごろから始まったことや、原稿を各国のファンから募集していたこと。表紙のデザインやタイトルをどうしようかと言うこと、本のデザインをレスリーの友人が手伝ってくれることになったことなど。。。また、日本語版をシネマハウスさんが出版してくださることになったこと。。。様々な思い出が走馬灯のように流れていきました。

日本語でこの本が読めることになってとても嬉しかったです。ファンの方の文章は言葉になかなかできないわたしの思いを代弁してくれているような気がしました。まだ読んでいない方もたくさんいらっしゃると思うのでReviewを書きませんが、同じように思っているファンの方の文を読んでいると心慰められます。

レスリーが数々の映画に出演しているのに賞を何度も逃したことが語られていました。それを読んだ時にワダエミさんの衣装世界展のことを思い出しました。彼女が受賞したトロフィーが飾られていました。アメリカアカデミー賞(オスカー)1つ、エミー賞1つ、香港アカデミー賞3つ。。。これほど権威ある賞を受賞しているのに日本の賞は何もありませんでした。レスリーも各国の賞をたくさん受賞したり、評価されていましたが、地元香港での賞は少なかった。。。みな、レスリーに賞を取らせて上げたかったと言っていました。でも、賞は一時的なもの、レスリーの作品は永遠のもの。。。そういう記述を見て嬉しかったし、その通り!と思いました。

Leslie, I love your songs and films, I also love your personality(humanity) including your good and bad points. You are the one and only! No one can replace you!
[PR]
by Franny64 | 2005-12-28 22:19 | Monologue | Trackback | Comments(0)

Beijing Opera Custume box

情報掲示板で宗小川さんのお話をシェアしてくださった蛾衣さんの「蛾衣の京劇衣箱」をここのところずっと読んでいました。蛾衣さんはレスリーの「さらば、わが愛 覇王別姫」がきっかけで京劇にはまったそうです。京劇についてのお話、とても参考になりますので皆さんも是非、ご覧になってください。
[PR]
by Franny64 | 2005-12-27 23:37 | My Favourite | Trackback | Comments(2)

Fan gathering in China Town

昨日に引き続き、オフ会の話になりますが、様子を語る写真がありません。(^^;カメラを持っていったのに、すっかり写真を撮るのを忘れてしまいました。

レストランでは3つのテーブルに分かれて座り、食べ放題のお店だったので、自由に好きなものを好きなだけ取って食べることができました。元祖シュウマイのお店だったのでシュウマイも他のメニューもとてもおいしかったです。皆さん(時間が早かったので朝食抜きの方もいらしたと思いますが)たくさん召し上がっていました。予約がとれてよかったと思いました。食べ放題で、団体さんの予約を受け付けてくれるところはほとんどないので、ここを見つけてラッキーでした♪

11時から3時までこちらでお食事とおしゃべりで過ごし(4時間)、その後解散して、まだ時間がある方と中華街散策とチャイナスター(京劇シアター)、神奈川県民ホール(レスリーがパッションコンサートをしたところ)、山下公園付近でお茶と8時すぎまで過ごしました。
お土産にと世界チャンピオンが作っているという肉まん(1個90円)の10個セットを「皇朝 点心舗」で購入しました。(おいしかったです!)
中華街散策中に、わたしのお気に入りのお粥「八寶粥」(缶入り、105円)を皆さんにお勧めしましたら、試しにと皆さん買っていかれました。(味はどうだったかな?)中国の友人が家に招待してくれた時にご馳走してくれたのと同じ味でした。体によさそうな8つの穀物が入っています。

その後「覇王別姫」をやった「チャイナ・スター」の場所を皆さんにお知らせしようと思っていきましたら、ちょうど代表者の方がいらしていて、「ちょうど終わったところだったんですよ。今日は忘年会か何かだったんですか?」とおっしゃっていました。レスリーのファンの集いがあって、場所を皆さんに紹介しようと思ってと言いましたら、パンフレットを皆さんにくださいました。ちょうど、張清恵(チャン・チンホイ)さんもいらして、「レスリーの京劇なら「貴姫酔酒」や「牡丹亭」もあるけれど...」と言うので、それが見たいんです!と伝えましたら、(「貴姫酔酒」はチャイナ・スターの演目にもあります)「牡丹亭」は***(忘れました。京劇の学校だったかな?)でやったことがあるかから...と演目に入れるのを考えてくださっているようでした。

そのあと、山下公園に面した神奈川県民ホールによって、後はお茶とおしゃべりに終始しました。そこで、結局夕食まで食べてしまって、半日レスリータイムを過ごしました。ちょうどファンの方でわたしの家の近所の方がいらして、お互いにこんなに近くにレスリーのファンがいたなんて知らなかったぁ~と喜びました。香港映画祭のときにも声をかけてくださった方が近所だということがわかり、その方のお友達もその近所と言うことで、ローカルファンの集いもできる!と思いました。レスリーのことをこんなにたくさんお話しできる人がいていいね。楽しいねということで、オフ会をやってよかったと思いました。ユニセフにも3万円募金できました。またレスリーの名前でユニセフに継続して募金をしたいですし、オフ会も楽しかったので、来年もやりたいなと思いました。
[PR]
by Franny64 | 2005-12-27 09:10 | Monologue | Trackback | Comments(3)

LCF detective agency

先日のオフ会ではレスリーの作品や活動について様々な話が出ました。面白いお話や真面目なお話など様々でした。

*「ブエノスアイレス」の映画で、レスリーと後姿が似ている人をオーデションして撮ったとウオン・カーワイ監督が言っていたけれど、それはどのシーンでしょう?

*パッションコンサートのCDに入っている曲で、DVDには入っていない曲で、訳がないからレスリーがなんと話しているのか気になる。なんて言っているのでしょう?
http://blog.so-net.ne.jp/leslie/2005-12-28 追記12.28

*韓国のCMでレスリーと共演したためにイ・ヨンエさん(「親切なクムジャさん」の女優)が当時人気を博したと聞いたけれど、それは本当?彼女がレスリーと共演したの?それはTo Youチョコレート?

そういう「教えて」という質問は調べてみましょうという話になりました。「LCF探偵事務所」でもオープンして、調べた情報、寄せられた情報を載せようかな。調べることは好きなのでオープンしようかなと思いました。(^^;

真面目な話。

アジポップで毎月レスリーの素敵な写真を載せてくれるのでお礼の葉書を出したら読者欄に載って嬉しかった。思いもかけないことで嬉しかったけれど、毎回レスリーの写真を載せてくれるアジポップに感謝している読者がいることを伝えたかった。そしてこれからもずっと載せて欲しいと思ったから、その意思を表明したかった。というお話に、やはり反応を示すことは大切だという話になりました。出版社側も、レンタルビデオやさんもレコード会社もフィードバックすることで、こういう反応があるならと次の企画やアイディアも生まれるかもしれないですね。

ある方は自分は持っているけれど、多くの方に読んで欲しくてレスリー関係の書籍を図書館にリクエストしている。そして図書館に購入してもらったという話をしてくれました。その時思い出しました。「慶」の寄贈運動のために、今図書館に寄贈を受け入れていただけるかどうか問い合わせをしていますが、受け入れ不可という図書館のなかで、利用者からのリクエストがあれば考えるというところもありました。そうか!利用者からのリクエストね!と思ったのでした。
わたしも自分が持っているので図書館にリクエストというのは思いつきませんでしたが、図書館にあれば、ある日レスリーと出会った方が興味を持って見ることができるでしょう。偶然、手に取った方も、そこでレスリーに出会えるでしょう。なかなかいい案だと思いました。
「レスリーの時間」とか、「レスリー・チャン 永遠に忘れない」など図書館にあるかチェックをして、なかったら是非、リクエストしてください。

また、(自分では場所を知っているのに)レンタルビデオやさんで「レスリー・チャンの○○という映画はどこにあるでしょう?」と敢えて聞いて印象付けるということもありました。(^^;
それぞれ皆さん工夫して布教しているのですね。勉強になりました。皆さんも是非、お近くの図書館やビデオやさんで試みてください。
[PR]
by Franny64 | 2005-12-26 11:04 | Monologue | Trackback | Comments(0)

Merry Christmas

もにかるさんのHongKong Addict Blogを見て、レスリーがゲスト出演している「聖誕快樂」のVCDを観ました。1984年の作品なので、レスリーが28歳の時の作品でしょうか?
ゲスト出演なのであまり出番はありませんが、調子の良い(^^;プレイボーイ風な青年の役をコミカルに演じています。役名はジョン(John)。李麗珍(ロレッタ・リー)のボーイフレンド役で出ています。映画の中で、二人が初めて出会った時にレスリーがロレッタに「あなたはとてもハンサム(handsome)だ」といい、ロレッタは「あなたはとても美しい(beautiful)」というところが、可笑しかったです。また、足を痛めた振りをするレスリーの大げさなアクション、Monicaを歌い、手を大きく振りながら跳んで走り去るところ。。。お茶目なレスリーには爆笑です。ロレッタにウィンクをしてすぐ唇を突き出してキスを迫るレスリーも可愛いです。
他にダニー・チャンも出演しています。出演者に高志森(クリフトン・コー)もいましたが、スタッフに「流星語」のジェイコブ・チャンや「白髪魔女伝」のスタッフ(レイモンド・ウォン、クリフトン・コー)などの名前もありました。
a0020835_15393287.jpg

[PR]
by Franny64 | 2005-12-25 23:35 | Film | Trackback | Comments(5)

Wada Emi Custume Exhibition

今日は「ワダエミの衣装世界 Kyoto and beyond 1985 to 2005」を見てきました。最終日ということもあって、夕方4時頃に行ったのですが、たくさんの方が訪れていました。会場の梅窓院・祖師堂ホールは外苑前駅からすぐのところにあるのですが、竹林があり静かな趣きのあるところでした。

衣装は映画や舞台などの演目順に飾られ、①映画「HERO-英雄」、②オペラ「マクベス」、③テレビドラマ「里見八犬伝」、④映画「LOVERS」、⑤演劇「浪人街」、⑥清水寺青龍会、⑦映画「夢」、⑧映像コーナー(ワダエミさんへのインタビューや監督のインタビューなど)、⑨音楽劇「コーカサスの白墨の輪」の衣装が飾られていました。

ワダエミさんの衣装はデザインが素敵で、また素材、色に対するこだわりもとても高いものがあって、完璧主義な方だなと思いました。レスリーが彼女に自身の映画の衣装を依頼したというのもよくわかりました。彼女のデザインした衣装を見て、その精巧な技を見て、仕事に対する考え方や姿勢が本当にレスリーとよく似ていると思いました。

HEROの衣装はシルクでしたがとても軽く、薄く、色が鮮やかで、チケットにも載っている赤のマギー・チャンの衣装は、とても品のある、美しい赤でした。本当に色がとてもきれいです。中国の北京の工場で染めたそうですが、中国の水が硬水で、思ったような色に仕上がらず、ミネラルウォーターをトラックでたくさん運んで、その水で染めたそうです。映像コーナーでその様子も見ることができました。どの衣装もとても手が込んでいて、映画では見過ごしてしまいそうなところまでとてもこだわった作りになっています。こういう衣装展をやって皆さんに見ていただかなくてはもったいないと思いました。

最終日ということで、ワダエミさんとご主人の和田勉さんが会場にいらしていました。6時からはワダエミさんを迎えたグランドフィナーレがあり、ワダさん自身がこの衣装展のことや衣装の説明をしてくださいました。この衣装展のための準備には2年かかったとおっしゃっていました。(2年も!と驚きました。)またチャン・イーモウ監督との仕事では、LOVERSでは何回も(確か8回)脚本の書き直しがあり、時代も、背景も、キャストの役柄も変わってしまい、金城武は当初王子様だったのに、何回かの書き直しのあとただのおまわりさんになってしまった。そのたびに衣装をデザインしなおさなければならなかったという苦労話も披露してくださいました。質問コーナーもあったので、わたしも手をあげたのですが、当たりませんでした。(^^;
質問された方は服飾関係の学校に通っている方や、黒澤監督のファンの方でした。質問に丁寧に答えるワダさんの様子にとても真面目な、誠実な方という印象を受けました。(質問ができなかったので、アンケート用紙に書いてきました。ワダさんが見てくださるといいなと思います。)

ワダさん宛のメッセージブックが代表で専門学校の学生さんから、TBSのプロデューサーからはお花が贈られました。2006年1月2,3日にTBS系列で「里見八犬伝」が放送されるそうです。(9:00pm-11:24pm ワダさんが衣装デザインを担当。) 是非、テレビでひと足早く見た衣装をドラマでも見てみたいです。それぞれの映画の衣装を見ても、映画でその衣装を確認してみたいという気持ちになりました。(多くの方が「家に帰って映画もう一回見てみよう」と言っているのが会場でもよく聞こえました。)
前日、わたしも飾られていないことは知っていましたが、「白髪魔女伝」を見ました。衣装に注目してみると、本当に精巧で、ああ、この衣装も見てみたい!!と思いました。
(永遠的明星レスリー・チャン メモリアルDVD BOX Vol.2に入っている「キラーウルフ 白髪魔女伝」を観たのですが、正直、レスリーの映画をなかなか観ることができなくて、このDVDも買ってから昨日初めてみました。(^^; 特典映像がついていて、メイキング映像がありました。(^^;レスリーも楽しそうに自身の役について話していました。。。(^^;)

この衣装展の図録が売り切れてしまって買うことができませんでした。記念にポストカードと衣装で使われたはぎれを買って来ました。
昨年のクリスマス、レスリーにゆかりのある方とお会いすることができました。今年のクリスマスもレスリーにゆかりのあるワダエミさんのお話を伺うことができました。素敵なクリスマスになりました。
a0020835_9224347.jpg

Blogで「ワダエミの衣装世界」の様子が記録されています。
http://www.ints.co.jp/wada/
http://blog.eplus.co.jp/wadaemi/
http://wadaemiworld.cocolog-nifty.com/blog/
レスリーの話題もあります。
http://wadaemiworld.cocolog-nifty.com/blog/2005/12/post_8bf2.html
ところで、代官山の有名レストラン「T」ってどこでしょう?
[PR]
by Franny64 | 2005-12-25 22:10 | My Favourite | Trackback | Comments(0)

Merry Christmas!!

Merry Christmas!!
Wish you a Happy Christmas!!
a0020835_5494195.jpg

Photo from Simie(Thanks, Simie)
[PR]
by Franny64 | 2005-12-24 05:51 | Monologue | Trackback | Comments(0)

レスリー・チャン(張國榮)に関するmy memoir 


by Franny64