<   2009年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧

A Time to Remember

1月はシネマート六本木で「上海グランド」を見ることができました。2月、3月は新宿ピカデリーで「さらば、わが愛 覇王別姫」とレスリーの映画が毎月見られます♪
横浜のジャック&ベティでも2月は「追憶の上海」の上映があります。
1月24日から2月20日までの「中国映画の全貌 in 横浜黄金町」で、「追憶の上海」は2月7日から13日まで、毎日18:10pmから上映されます。

他にもたくさんの中国映画が上映されます。「中国映画の全貌」上映作品はこちら
[PR]
by Franny64 | 2009-01-31 10:35 | Film | Trackback | Comments(0)

Double Trouble

MATV(ムービーアジアTV)で「大小不良(Double Trouble)」を見ました。1984年の映画で、マジシャンの男と孤児院の子ども(ビンビン)との心温まるお話です。ビンビン役の子がとても表情豊かで、可愛いです。(とても簡単にまとめてしまいました。(^^;)
この映画で、レスリー・チャンの「大與小」が流れます♪ マジシャンの男と孤児院の先生とのデートシーンで、その周りをビンビンが走り回ったり、いたずらしたり。。。
a0020835_7414970.jpg

2月にも放送されます。
MATV (スカイパーフェクトTV785Ch)
2月11日 7:30am-9:20am
2月25日 17:50pm-19:40pm

追記:「大與小」はアルバム「影視紅聲」に収められています。「大小不良」のエンディングテーマは、アニタ・ムイの「魔術師」でした。
[PR]
by Franny64 | 2009-01-30 07:41 | Film | Trackback | Comments(0)

Enthralled Forever

映画「花の生涯~梅蘭芳~」は3月7日から新宿ピカデリーで先行公開され、その後順次地方でも公開されるということです。
その折には、各地でも「さらば、わが愛 覇王別姫」が公開されるといいですね。
2本の映画に共通しているのは、京劇がテーマということがありますが、出演者や音楽、ポストプロダクションのスタッフもそうです。この映画でも日本の日活や東京現像所の方が関わっています。「覇王別姫藝術展」で協力して下さった方々です。映画の最後のクレジットでお名前を探すのも楽しみです。
「花の生涯~梅蘭芳~」プレスシート
a0020835_902364.jpg

[PR]
by Franny64 | 2009-01-29 09:03 | Film | Trackback | Comments(0)
コメントに情報を寄せていただきました。

「花の生涯 梅蘭芳」公開を記念して「さらばわが愛 覇王別姫」のニュープリント!!の特別上映が決定しました。
http://www.shinjukupiccadilly.com/news/2009/01/post-35.html
上映館:「新宿ピカデリー」
期間: 2月28(土)~3月6日(金)                              
*2/24(火)AM9:00~よりHPか音声案内03-5367-1144にて上映時間発表

多謝、KATUKOさん

昨年の「レスリー・チャンの音楽世界」エキシビションに、「さらば、わが愛 覇王別姫」の配給会社アスミック・エースの担当者の方もいらして下さって、「さらば、わが愛 覇王別姫」をニュープリントで来年上映しますよと教えて下さいました。「花の生涯~梅蘭芳~」も上映されるので、 それもあるからかなと思いましたが、ニュープリントになるというのが嬉しくて、楽しみにしていました。もし、まだ「さらば、わが愛 覇王別姫」に出会えていなかった人も、「梅蘭芳」の映画によって、見てみようかなと思う方が増えるのではないかと期待しています。そのチャンスがあれば、あとはレスリーの魅力にお任せですね。 

「花の生涯~梅蘭芳~」の記者会見がUPされました。
[PR]
by Franny64 | 2009-01-28 23:55 | Film | Trackback | Comments(0)

Those Were The Days

MATV(ムービーアジアTV)で「タイムトラベル」(精装難兄難弟)という映画を見ました。
初めて見たのですが、バリー・ウォン監督の映画で、王家衛監督を思わせる王晶衛監督が主人公のコメディ(パロディ)映画でした。「欲望の翼」の1分間のシーンをロー・ガーリョンが、「欲望の翼」のチャチャのシーンをフランシス・ンが演じていて、「ブエノスアイレス」のシーンでも、フランシス・ンがレスリーのシーンを演じていたように思いました。「楽園の瑕」のシーンもあって、こんなにウォン・カーワイ監督作品が盛りだくさんに入っている上に、「意味がわからない映画だ」などと何度も言われていたので、え~~と驚いてしまいました。でも、香港の一般の人たちのウォン・カーワイ監督作品に対する評価(?)が垣間見られたように思います。
You tubeの「難兄難弟」のMVに、少しフランシス・ンのチャチャのシーンが見られます。
かなり、クネクネしちゃっていますが。。。「キラーウルフ白髪魔女傳」や「インファナル・アフェア」のフランシス・ンとはかなりイメージが違います。(^^;

[PR]
by Franny64 | 2009-01-27 20:46 | Film | Trackback | Comments(1)

Happy Chinese New Year!

新年快樂!Happy 牛 Year!!
a0020835_7505780.jpg

[PR]
by Franny64 | 2009-01-26 07:21 | Monologue | Trackback | Comments(0)

Happy Together (Special Version)

a0020835_1193839.jpgアメリカでは「ブエノスアイレス」の特別版が3月31日に出るようです。特典は以下のようになっていました。
SPECIAL FEATURES:
- (Buenos Aires Zero Degrees - 1999, 59 Min.) A Documentary On the Making of HAPPY TOGETHER
ブエノスアイレス・ゼロ・ディグリー
- Wong Kar-Wai at the Museum of the Moving Image (2008, 44 Min.)
Moving Image of the Museumでのウォン・カーワイのインタビュー(44分)
- Trailers
予告編
- Stills Gallery
フォトギャラリー(スチール写真)
- Enhanced for 16x9 TVs
(ワイドスクリーン(16x9)のTVでは、左右がカットされたり、上下に黒い帯が出ることなく、映画がそのままが見えるサイズという意味)
[PR]
by Franny64 | 2009-01-25 01:16 | Film | Trackback | Comments(0)

Thank you card

昨日はBUAISOのお店とレスリーの中国語のサインのフォトカードが届きました。
「みんなとの絶対放題楽しかったよ! 謝謝」 哥哥
と書いてあったので、BUAISOさんからのサプライズと温かい気持ちが嬉しかったです♪

BUAISO
ぶあいそ 舞鶴店
ぶあいそからホテルまでタクシーに乗った時にタクシーの運転手さんから「ぶあいそ」は古くからあるお店なんだという話を聞きました。「ぶあいそ」というのは博多弁で何か意味があるのですか?と聞いたら、そのままの意味ということで、「無愛想」という意味なのかと思っていましたら、
ぶあいそのサイトに
無愛想=あいそがないという意味ではなく
無愛憎=愛も憎しみもない・・・・・・という字を書きます。
愛も憎しみもなく風のように生きて行けたらなあという意味が込められています。
1972年に「高くてまずい」を掲げて開店し
場所をかえ、屋号もひらがなだったり漢字だったり
はたまたローマ字だったりとしながら、福岡の街で居酒屋として看板をだし続けています。

と書いてありました。レスリーがこのお店を選んだのは、このお店の常連さんだった記者の方が予約したからだということでしたので、福岡で愛されている居酒屋さんなのですね。
[PR]
by Franny64 | 2009-01-24 12:50 | Monologue | Trackback | Comments(0)

Forever Enthalled

1月21日に「花の生涯~梅蘭芳」の記者会見が行われ、陳凱歌監督が来日されましたね。ベルリン国際映画祭に出品されるそうです。この映画が注目されれば、再び「さらば、わが愛 覇王別姫」にも関心が集まると思うので楽しみです。記者会見の記事はこちら
a0020835_12224471.jpg

a0020835_12231224.jpg

公式ホームページ http://meilanfang.kadokawa-ent.jp/
[PR]
by Franny64 | 2009-01-23 23:55 | News | Trackback | Comments(0)

97 Concert

1月7日にATVで放映された97コンサートのDVD未収録映像が、You Tubeにアップされたので貼っておきます。



[PR]
by Franny64 | 2009-01-22 23:55 | Song | Trackback | Comments(0)

レスリー・チャン(張國榮)に関するmy memoir 


by Franny64