<   2010年 07月 ( 35 )   > この月の画像一覧

Years of being obscure-part 6

続き

物憂さと省略

a0020835_944093.jpg

クレジットの後、インターナショナル版ではヨディがサッカー競技場の中に、大股で力強く歩いて入ってきて、魅力的にリーチェンをからかう。しかしわたしが調べた知られていないバージョンのプリントには、クレジットを中断して、わたし達に、トニー・レオンによって演じられた、他でもない名前のない若い伊達男が爪を磨いているシーンを見せる。(それは最期のショットよりも遡った時間のように見える。そしてその動作を続けている。)a0020835_954839.jpg

彼の映像の上に、わたし達はここで1人の男の声を聴く(字幕は出ない)

わたしは彼にもういちど会った。彼はフィリピンから戻ったばかりだった。彼は以前よりもずっと痩せていた。わたしは彼に何が起きたのか尋ねた。彼はちょうど病気から回復したばかりだと答えた。僕が彼の病気について尋ねた時、彼はとにかく、もうそれ以上話したがらなかった。
その後、わたし達はもう全く会うことはなかった。


これはとてもミステリアスだ。誰が話しているのだろう?トニー?ヨディ?アンディ・ラウ?わたしは聞き分けることができない。そして誰が彼だと言っているのだろうか?もっともらしい候補者は香港に帰ってきたかもしれないアンディ・ラウである。彼は映画の最後でかなりやつれているように見える。しかし、男性達の中の1人が説明しているということではトニーの役かもしれない。またはどうにかして撃たれても生き残り、香港に戻ったヨディ自身かも。

これらのことを考えてみると、このオープニングのショットはトニーがベッドから起き上がり、夜の外出のために正装する最後のショットに通じる。それは今、始まりの行動になる最終的なショットのために明らかに用意されている。しかし、実質的にはまだ、わたし達には最初の疑問の別の形で残った。なぜ映画の最後がこの関係のない登場人物なのかを尋ねる代わりに、なぜ彼がこの映画に使われたのかを尋ねる。

この質問はちょうど始まったばかりである。この身なりのきちんとしたトニーの18秒のショットの後、わたし達は音楽モンタージュがおよそ83秒続くのを見る。それはとても当惑させられる。わたし達は、「恋する惑星」の重慶マンションの脇道に少し似ているゴミゴミとした廊下にいて、全てがスローモーションである。わたし達は暗闇の中、大いに汗をかき、大股で歩いている黄色いセーターを着たアンディ・ラウを追っている。それからわたし達は彼が名前がわからない誰かとカードゲームをしているのを見る。ある時点において、わたし達は女性が階段を上るのを見る。ある時点では男が大きな蛇に巻きつかれているのをちらりと見る。この連続シーンは包丁を掴んでいる手と、わたし達から大股で廊下に歩き去っていくアンディのショットで終わる。全体の場面ではトニーのアパートのショットからから続くが、女性の声(アニタ・ムイの声)で「ジャングル・ドラム」の歌が歌われる。

続く
[PR]
by Franny64 | 2010-07-31 20:17 | Film | Trackback | Comments(0)

Leslie's movies on TV

スカイパーフェクトTV番組表から、8月のレスリー出演映画

08/01(日) 16:50~18:50
Ch.785 MATVムービーアジア
[二]藍江伝 反飛組風雲〈字〉
ローレンス・アモン / レスリー・チャン / ビビアン・チョウ / チャールズ・ヒョン
放送日:8/1 8/12 8/25
製作:1992年 香港 広東/北京語
監督:ローレンス・アモン
主演:レスリー・チャン/ビビアン・チョウ/ チャールズ・ヒョン
★46歳でこの世を去り、今なお絶大な人気を誇る香港の巨星・レスリー・チャン。当時36歳の彼が17歳の不良グループのリーダーを熱演。60年代に実在した刑事、藍江が少年の冤罪を晴らそうと苦闘する姿を描く。

08/01(日) 20:30~22:20
Ch.785 MATVムービーアジア
男たちの挽歌〈字〉
ジョン・ウー / ティ・ロン / チョウ・ユンファ / レスリー・チャン
放送日:8/1 8/2 8/13 8/14
製作:1986年 香港 広東語
監督:ジョン・ウー
主演:ティ・ロン/チョウ・ユンファ /レスリー・チャン
★香港映画の新たな流れを切り開き、”香港ノワール”なるジャンルを定着させたハード・ボイルド・アクション。マフィアの兄、警察の弟、兄を慕う弟分の熱い絆と確執を劇的に描き、アジアで大ヒットした記念碑的作品

08/02(月) 13:00~15:10
Ch.261 チャンネルNECO
欲望の翼
ウォン・カーウァイ / レスリー・チャン / カリーナ・ラウ / マギー・チャン / ジャッキー・チュン
1990年・94分・カラー・字幕
監督・脚本:ウォン・カーウァイ
出演:レスリー・チャン カリーナ・ラウ マギー・チャン ジャッキー・チュン
プレイボーイのヨディと恋に落ちたスー。しかしヨディは踊り子・ミミと付き合い始めてしまう。ヨディを忘れられないスーは警官・タイドに話を聞いてもらうことで、自らの心を慰めていたが…。
放送日/2・13・19・25

08/02(月) 14:00~16:00
Ch.785 MATVムービーアジア
男たちの挽歌〈字〉
ジョン・ウー / ティ・ロン / チョウ・ユンファ / レスリー・チャン
放送日:8/1 8/2 8/13 8/14
製作:1986年 香港 広東語
監督:ジョン・ウー
主演:ティ・ロン/チョウ・ユンファ /レスリー・チャン
★香港映画の新たな流れを切り開き、”香港ノワール”なるジャンルを定着させたハード・ボイルド・アクション。マフィアの兄、警察の弟、兄を慕う弟分の熱い絆と確執を劇的に描き、アジアで大ヒットした記念碑的作品

08/03(火) 17:50~19:40
Ch.785 MATVムービーアジア
[二]ハッピー・ブラザー〈字〉
クリフトン・コウ / レスリー・チャン / チャウ・シンチー / マギー・チャン
放送日:8/3 8/16 8/28
製作:1992年 香港 広東/北京語
監督:クリフトン・コウ
主演:レスリー・チャン/チャウ・シンチー/マギー・チャン
★個性的な3兄弟がコミカルな恋模様を繰り広げる。何といってもレスリー・チャン演じる次男のおネエキャラはファンの間でも大好評!レスリーと言えば悲劇的な女形が代名詞だが、明るく楽しい彼の演技に魅了される。

08/04(水) 17:50~19:40
Ch.785 MATVムービーアジア
[二]歌って恋して/九星報喜〈字〉
クリフトン・コウ / レスリー・チャン / ン・シンリン / ケニー・ビー / レスリー・チャン / ン・シンリン / ケニー・ビー / クリフトン・コウ
放送日:8/4 8/14
製作:1998年 香港 広東/北京語
監督:クリフトン・コウ
主演:レスリー・チャン/ン・シンリン /ケニー・ビー
★永遠のスーパースター、レスリー・チャン主演。古装を身にまとった出演者が、題名どおり“歌って恋する”爆笑ロマンス・コメディー。三兄弟の三男を演じるレスリーは、腹黒の兄たちから逃げ出し美女と恋に落ちる…

08/05(木) 17:50~19:40
Ch.785 MATVムービーアジア
恋する天使 Tri-Star 1996年
レスリー・チャン / アニタ・ユン / ラウ・チンワン / ツイ・ハーク

08/07(土) 07:40~09:30
Ch.785 MATVムービーアジア
恋はマジック All's Well End's Well, Too 1993年
クリフトン・コウ / レスリー・チャン / ロザムンド・クワン / サミュエル・ホイ

08/08(日) 20:30~22:20
Ch.785 MATVムービーアジア
男たちの挽歌II A Better Tomorrow II 1987年
ジョン・ウー / ティ・ロン / チョウ・ユンファ / レスリー・チャン / ディーン・セキ

08/09(月) 14:00~16:00
Ch.785 MATVムービーアジア
男たちの挽歌II A Better Tomorrow II 1987年
ジョン・ウー / ティ・ロン / チョウ・ユンファ / レスリー・チャン / ディーン・セキ

08/11(水) 07:40~09:30
Ch.785 MATVムービーアジア
夜半歌聲 逢いたくて、逢えなくて The Phantom Lover 1995年
ロニー・ユー / レスリー・チャン / ン・シンリン / ホァン・レイ

08/12(木) 19:30~21:30
Ch.785 MATVムービーアジア
藍江伝 反飛組風雲 Arrest The Restless 1992年
ローレンス・アモン / レスリー・チャン / ビビアン・チョウ / チャールズ・ヒョン

08/14(土) 00:20~02:10
Ch.785 MATVムービーアジア
男たちの挽歌 A Better Tomorrow 1986年
ティ・ロン / チョウ・ユンファ / レスリー・チャン / レイ・チーホン / ジョン・ウー

08/14(土) 03:10~05:10
Ch.261 チャンネルNECO
欲望の翼 1990年
ウォン・カーウァイ / レスリー・チャン / カリーナ・ラウ / マギー・チャン / ジャッキー・チュン / アンディ・ラウ / トニー・レオン

08/14(土) 11:20~13:10
Ch.785 MATVムービーアジア
歌って恋して/九星報喜 Ninth Happiness 1998年
レスリー・チャン / ン・シンリン / ケニー・ビー / クリフトン・コウ

08/14(土) 16:50~18:40
Ch.785 MATVムービーアジア
男たちの挽歌 A Better Tomorrow 1986年
ティ・ロン / チョウ・ユンファ / レスリー・チャン / レイ・チーホン / ジョン・ウー

08/16(月) 22:20~00:20
Ch.785 MATVムービーアジア
ハッピー・ブラザー All's Well End's Well 1992年
クリフトン・コウ / レスリー・チャン / チャウ・シンチー / マギー・チャン

08/19(木) 12:50~15:00
Ch.261 チャンネルNECO
欲望の翼 1990年
ウォン・カーウァイ / レスリー・チャン / カリーナ・ラウ / マギー・チャン / ジャッキー・チュン / アンディ・ラウ / トニー・レオン

08/19(木) 22:20~00:20
Ch.785 MATVムービーアジア
恋する天使 Tri-Star 1996年
レスリー・チャン / アニタ・ユン / ラウ・チンワン / ツイ・ハーク

08/21(土) 00:20~02:10
Ch.785 MATVムービーアジア
男たちの挽歌II A Better Tomorrow II 1987年
ジョン・ウー / ティ・ロン / チョウ・ユンファ / レスリー・チャン / ディーン・セキ

08/21(土) 16:50~18:40
Ch.785 MATVムービーアジア
男たちの挽歌II A Better Tomorrow II 1987年
ジョン・ウー / ティ・ロン / チョウ・ユンファ / レスリー・チャン / ディーン・セキ

08/23(月) 02:10~04:00
Ch.785 MATVムービーアジア
夜半歌聲 逢いたくて、逢えなくて The Phantom Lover 1995年
ロニー・ユー / レスリー・チャン / ン・シンリン / ホァン・レイ

08/24(火) 16:00~17:50
Ch.785 MATVムービーアジア
恋はマジック All's Well End's Well, Too 1993年
クリフトン・コウ / レスリー・チャン / ロザムンド・クワン / サミュエル・ホイ

08/25(水) 04:00~06:00
Ch.785 MATVムービーアジア
藍江伝 反飛組風雲 Arrest The Restless 1992年
ローレンス・アモン / レスリー・チャン / ビビアン・チョウ / チャールズ・ヒョン

08/26(木) 03:00~04:40
Ch.261 チャンネルNECO
欲望の翼 1990年
ウォン・カーウァイ / レスリー・チャン / カリーナ・ラウ / マギー・チャン / ジャッキー・チュン / アンディ・ラウ / トニー・レオン

08/28(土) 09:30~11:20
Ch.785 MATVムービーアジア
ハッピー・ブラザー All's Well End's Well 1992年
クリフトン・コウ / レスリー・チャン / チャウ・シンチー / マギー・チャン

08/29(日) 11:20~13:10
Ch.785 MATVムービーアジア
恋する天使 Tri-Star 1996年
レスリー・チャン / アニタ・ユン / ラウ・チンワン / ツイ・ハーク
[PR]
by Franny64 | 2010-07-30 00:01 | Film | Trackback | Comments(0)

Years of being obscure-part 5

続き

最後の最後のシーンは、トニーが身支度をしているところだ。これは両方のバージョン共に同じである。(それはこの俳優の一番最初の出番になる)それが本当の難問である。なぜウォンはわたし達にこのみすぼらしいギャンブラーを2分半ほどわたし達に見せるのだろう?彼はわたし達が知るところの、他の登場人物の誰とも、明らかな関係がない。またわたし達は彼を再び見ることはない。

ほとんどの評論家達が、ウォンの説明で、ヨディの影響が、彼が亡くなった後、他の登場人物にどのように長い間影響を与えたかという続編を用意していたという説明を受け入れた。パトリック・タムがステファン・トーに語ったのは、そのショットは彼のアイデアだったこと、わたし達が見てきた長いプロローグのすべてを変えて、次の映画の為の予告編にしたと。
(1) でも「欲望の翼」は興行的には大失敗だった。970万香港ドル、または約125万米ドルだった。(その年のチャウ・シンチーの映画はその4倍を稼ぎだした。)そこで続編は全く作られなかった。

それでもこれらの興味をそそる状況はエピローグの目的と効果を全く正当化しなかった。原因となる説明は必ずしも機能的な説明を与えなかった。このわけのわからないショットは全体的にダイナミックな映画の中で何の役割を演じるのか?もし、ウォンが続編を作ったなら、それは素晴らしい成功として見ることができたかもしれない。その続編なくして、わたし達はどのようにその映画を評価することができるだろうか?

合理的な論議では、トーもしているが、このバージョンのトニーのお洒落をしている光景は、ルーツがなく、その頃の青年たちの多くの条件であるナルシズムを示唆するヨディのケースが一般的なものであることを示している。あなたはまた、彼は男性のタイプと同じようなプレイガールのルルを用意すること、を提案するかもしれない。またアンディ・ラウが演じた警官は、良くて、まだ達成されていないが、リーチェンと組み合わせる。トニーはルルがいいだろう。彼女を想い焦がれるヨディの友達(ジャッキー・チャン)よりは。

実際のところ、別のバージョンは問題に少しの光を注いでいる。それはトニーがそこで何をしているのかという決定的な答えを出すものではないが。別のバージョンではトニーはわたし達が見る最後の登場人物だけではなく、最初の人物でもある。そして彼は、ウォンが称賛され、また酷評もされたこのスタイルのそれからのシリーズにキャスティングされ続けている。

注(1) Stephen Teo, Wong Kar-wai (London: BFI, 2005), page 45.

続く
[PR]
by Franny64 | 2010-07-29 07:47 | Film | Trackback | Comments(1)

Years of being obscure -part 4

続き

この別バージョンでのポイントは、多くの批評家の論評を惹きつけた2つのショットが外されていること。リーチェンが店を閉める前に、わたし達はハイアングルからのトラムの道路と、スタジアムの外の時計のショットを見る。a0020835_8304975.jpg
a0020835_8315880.jpg


この時計のショットはリーチェンとヨディの出会いを思い出させる。また、トラムの線路は彼女が雨の夜に警官と出会ったことを思い起こさせる。これらのショットの代わりに、別バージョンのカットではブースにいるリーチェンのショットから、明らかに彼女のブースから見えるサッカーの試合のショットへと移る。a0020835_83383.jpg

次に続く残りのシーンは両方のバージョンで対応する。ブースを閉じる前にリーチェンが新聞を読んでいるのが見える。
a0020835_8341440.jpg
a0020835_8344925.jpg


両方のバージョンとも、同様にリーチェンと警官が傍に立つ電話ボックスのショットが徐々に小さくなり
、電話ボックスの内部に近づく。電話は鳴っている。
a0020835_836546.jpg
a0020835_8363127.jpg


2人の最初のショットを思い出すのは、ハイアングルの構成で、2人が出逢った雨の夜のこと。(ウォンの登場人物達は思い出に付き纏われる。しかし、彼がわたし達に同じく、わたし達の思い出を呼び起こすことを強要する。)
a0020835_8375099.jpg

警官はリーチェンに彼に電話をするように頼む。そして、その前のシーンでは彼女が窓を閉めているシーンを見せている。そこでわたし達は推察するだろう。今、彼女は彼に連絡を取ろうとしているかもしれない。-わたし達は知っているがことだが、彼が警察をやめて、船乗りになり、彼女の恋人が死ぬのを見たということを知らずに。けれども、わたし達は彼女が電話しているのが誰かを確かに知ることはできない。

続く
[PR]
by Franny64 | 2010-07-28 08:18 | Film | Trackback | Comments(0)

Donnie Yen' birthday 7.27

香港映画関係のNewsletterにドニー・イェンのお誕生日だからと彼の映画の特集が載っていました。
ドニー・イェンのお誕生日というと、星月童話のメイキングで、レスリーら共演者が、ドニーのお誕生日をお祝いしている映像がありましたね。
ドニーがレスリーにお祝いしてもらえるなんて嬉しい!とコメントしていたことを思い出しました。

Happy birthday, Donnie Yen!!
[PR]
by Franny64 | 2010-07-27 23:55 | Monologue | Trackback | Comments(0)

Years of being obscure -part 3

続き

最後の最後

a0020835_20142144.jpg

違いは最後のシーンにも続く。どちらのバージョンも最初は上のような、望遠レンズのフレームの中でカメラに大股で歩いているルルのショットで始まる。彼女はフィリピンにいる。

インターナショナル版では、このショットはルルがベッドルームの中をぶらぶらして、彼女のドレスを掛け、そして大家にこう言っている。「わたしはあなたに尋ねたい人がいるの」
a0020835_2016082.jpg
a0020835_20162968.jpg


他のバージョンでは、わたし達は彼女が安ホテルのロビーで、彼女が空き部屋がないか尋ねているのを見ることができる。その結果として、彼女がヨディを追いかけていることは、あまり明確ではない。
a0020835_20185861.jpg
a0020835_20193137.jpg


シーンはリーチェンが働くチケット売り場のあるスタジアムに移行する。(ステファン・トーのウォンの刺激的な本によると、それは南華体育館だと指摘されている。)客はサッカーの試合を見るために押し掛けている。知られていないバージョンでは、2つの素早い観客の追跡ショットをわたし達に見せ、2番目のエンディングでは、リーチェンが彼女のボックスにいる紹介ショットになる。
a0020835_20204643.jpg
a0020835_2026434.jpg


a0020835_20293440.jpg

通常のバージョンではたった1つの追跡撮影だけで、一定の枠に紹介を構成することで終わる。しかし、このバージョンではワンショットを加え、シーンを彼女の窓から正面に捉える構成で始めている。
a0020835_20313425.jpg


続く
[PR]
by Franny64 | 2010-07-27 23:33 | Film | Trackback | Comments(0)

Years of being obscure -part 2

続き

最後のことが先に

a0020835_6532346.jpg

「欲望の翼」は1960年香港で始まる。気軽に女性を誘惑する身だしなみの良い若い男、彷徨うヨディ(レスリー・チャン)の後を、明らかにけばけばしいルル(カリーナ・ラウ)と世間知らずのリーチェン(マギー・チャン)が追う。ヨディは叔母と住みながら、なぜ、彼の母は彼を捨てたのだろうと思っている。彼は母がフィリピンに住んでいるのを見つけるが、彼女と会うことはできなかった。

マニラでのクライマックスで、ヨディは船乗り(アンディ・ラウ)と会い、地元の暴力団には戦いを吹っ掛ける。2人の男たちは列車に飛び乗って逃れる。偶然にも船乗りはリーチェンに惹かれていた、かつて香港警察に勤めていた男だった。列車の中でヨディは仕返しに暴力団に撃たれる。

映画はルルとリーチェン、そしてー大きな謎のー貧相なアパートに住み、爪にやすりをかけて、髪をとかし、ハンカチとタバコを身につけ、夜の街に繰り出そうとする洒落た若い男性のシーンを続けて登場させ、結末にする。彼は何も話さず、それまで一度も映画には登場していない。それは現在の映画の中で最も果敢なストーリー戦略だった。また、それは多くの批評を引き起こした。

最終的な結末の違いは列車に始まる。インターナショナル版では、列車から見る風景のショットが警官のハイアングルのショットに続く。
a0020835_654512.jpg
a0020835_6561373.jpg


ヨディが撃たれて死んでからなので、これは小さな回想を構成する。警官のナレーションに変わる。「僕が彼を見た最後の時、僕は彼に尋ねた。」(いつものように、ウォン・カーワイの作品ではわたし達は誰が話しているのか知る方法がない。これは内面のモノローグ、見えないキャラクターの報告、またはただ自分自身の気持ちを観客に語っているだけなのか)
2分ちょっと、カメラはただ警官だけを映し出す。彼はヨディがある時間に何をしたか覚えているかどうかを尋ねる。ヨディはすぐに彼が警官がリーチェンと出逢ったことを理解する。そして、オフスクリーンで、彼女とその警官の関係を尋ね、彼女に彼、ヨディは彼女について何も覚えていないと言ってほしいと頼む。警官はリーチェンが彼のことを覚えてすらいないかもしれないことを心配する。

やり取りはシートの向かいに座っているヨディの無言のシーンで終わる。目はかろうじて開かれ、オーケストラバージョンの「Perfidia」が流れる。シーンは列車のかなり長いショットで終わる。
この曲は以前、警官が夜周りをしていた時に、リーチェンと出会った時に聴こえたものだ。そこでこの(曲の)繰り返しは警官の彼女への憧れを思い起こさせる。
a0020835_705121.jpg
a0020835_712027.jpg


別のバージョンでは全体的な状況はそれほど変えていない。しかし、それは異なる強調部分を示している。
列車と列車の間のショットの後、フレームの中心を外れた警官のロングショットがある。そこには、「僕が彼を見た最後の時、僕は彼に尋ねた。」というナレーションが入る。ヨディのクローズアップシーンがカットされ、代わりに警官のシーンが入る。彼は2分ほど話し、そして警官のリアクションはオフスクリーンになる。
a0020835_72526.jpg
a0020835_732750.jpg


この時点で、わたしが言えることは会話は同じであるということ。実際のところ、実際のシーンと、相対するシーンが2つの映画での間では交換されている! そして、ヨディのシーンを持ってくるか、警官のリアクションを持ってくる代わりに、ウォンはただ、わたし達に2人の男が向かい合うシーンを見せた。これは先に有名なシーンで、音楽のない、緑がかった青色の葉の木々の中を通り抜けるとても独特な列車のシーンに続いている。
a0020835_75562.jpg
a0020835_761885.jpg


インターナショナル版は、ヨディに挑戦し、また彼自身の境遇についても間接的に熟考している警官を強調している。その為、恐らく「Perfidia」のテーマは彼と関連づけられていたのだろう。
別のバージョンではわたし達がずっとヨディにフォーカスされるようになっている。わたし達の最終的な注目はヨディに。それはツーショットの前に2人の男性を同格にし、恐らく、彼らの思い出も同様に思い起こさせるためかもしれない。

続く
[PR]
by Franny64 | 2010-07-26 08:19 | Film | Trackback | Comments(0)

Chinese movies 2010

24日から「中国映画の全貌2010」が開催
Exciteにも紹介記事が出ました。
http://www.excite.co.jp/ism/concierge/rid_19055/pid_1.html

「中国映画の全貌 2010」
7/24(土)~8/27(金) 新宿K's Cinemaにて開催
新宿K's Cinema
[PR]
by Franny64 | 2010-07-25 17:26 | News | Trackback | Comments(0)

Years of being obscure -part 1

Source:Observations on film art - Years of being obscure
bordwellblog On June 24, 2008
In Asian cinema, Film Scholarship, Film history, Film technique

映画芸術の考察
曖昧である年
a0020835_910181.jpg


カンヌで上映された東邪西毒 終極版(Ashes of Time Redux) はわたし達に、ウォン・カーワイが彼の作品を絶え間なく改訂していることを思い出させる。それぞれのマーケットで様々なバージョンー香港版、台湾版、インターナショナル版が増える。そして彼は時々オンライン版やDVDの特典映像なども請け合った。クワン・プンリョン(Kwan Pung-leung)による「ブエノスアイレス・ゼロ・ディグリー」(1999)では、トニー・レオンとシャーリー・クワンとの間のシーンが、少し興味を抱かせる。またそれは、もし(シャーリーンがアルゼンチンに数週間いた後に)ウォンがこのシーンを丸ごとカットする決心をしなかったら、この映画はどうなるのかとわたし達に思わせる。

わたし達はウォンの成功のきっかけになった映画として、「欲望の翼」(1990)をリストに加えることができる。
それは何年もインターナショナル版で流通していて、現在でもDVDで手に入る。しかし、ある人々は理解の及ばない、幾分幻覚的なシーンを見ていたことを思い出した。しばらく前に、わたしはそれについて調べた。そして、わたしが見たものを示す価値があると思った。この貴重なバージョンは、ウォンの後年のスタイルの様相を予兆している。特に「花様年華」に見られる。わたしは全てのパズルの答えを持っているわけではない。だが、幾つかの情報は持っている。もしあなたがこの「知られていない」バージョンについて何か知っていたら、気軽にわたしに書いてほしい。わたしはあなたのコメントをこのエントリーに入れるだろう。

わたしはまず、ここに多くのスポイラーがあると付け加える必要はない。イメージにおいて、色調と縦横比はわたしの二つの資料、DVDと(シーンからシーンへの縦横比で少し違う)35ミリフィルムから生じる。

続く
[PR]
by Franny64 | 2010-07-24 06:44 | Film | Trackback | Comments(0)
RED MISSIONからレスリー・チャン バースデー・パーティー 2010.9.12のお知らせが届きました。
詳しくはRMJスタッフブログにて
http://rmjnews.exblog.jp/11601998/
[PR]
by Franny64 | 2010-07-23 07:23 | RED Mission | Trackback | Comments(0)

レスリー・チャン(張國榮)に関するmy memoir 


by Franny64