<   2010年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Leslie won a 3rd place

50年間の音楽シーンでの最も象徴的なミュージシャントップ5を選ぶCNNの投票結果が発表されました。投票数は約10万票、レスリーは3位でした。
1位 マイケル・ジャクソン
2位 ビートルズ
3位 レスリー・チャン
4位 エルビス・プレスリー
5位 ボブ・マレー

6位 マドンナ

素晴らしい結果になりましたね♪
[PR]
by Franny64 | 2010-08-26 23:55 | News | Trackback | Comments(0)
Source:1990年8月3日 さらば、香港芸能界 East Week

「わぁ!」 長い髪にひげをたくわえたレスリーを見るや否や、わたしは「あなた、イエスキリストみたい!」と言った。彼は本当に聖書に出てくる神の絵のようだった。

レスリーは本当にハンサムだ。李碧華(Li Bi-Hua)と倪匡(Ni Kuang)が2人とも偶然にも、彼のことを同じ言葉で説明しても驚かない。「惹きつけられるような素晴らしい顔をしている!」
彼はハンサムな顔に演技のスキルも持っている。演技のスキルの他に歌の才能もある。よい声、完璧なルックス、素晴らしい才能、彼はすべてのものを持っている!人がそれほどの多くのギフトに恵まれているのは、稀に見る幸運ではないだろうか?
けれどもレスリー・チャンでさえかつては困難な時もあった。彼の不遇の時、彼はコンサートでパフォーマンスの時に観客に帽子を投げた。それはすぐにステージに投げ返された。わたしはかつて彼が、人前で悲しくて泣いたのを見たことがあった。その夜は歌手のための授賞式があった。レスリーは出席していた。人々は一番前の席で並んで座り、賞を受け取るために次々にステージに上って行った。レスリーだけが何の賞も受賞できなかった。

みんなが幸せそうで、興奮していたのに、彼だけが悲しく失望していた。レスリーは重要なのはそこに居ることだと信じた。彼はこれが歌手にとって重要なセレモニーで、彼の支持を示すべだと思っていた。そこで彼は素晴らしい服装をしてきたのだった。しかし、全く期待されていない、賞をもらわないとわかっている人は来ていなかった。彼は座っている歌手の中で、唯一賞をもらわなかった人だった。セレモニーの後、友人達が彼をローマンの受賞を祝うために、バーに無理やり連れていった。音楽が始まると、レスリーは突然コントロールを失った。涙がとめどなく彼の頬に流れた。わたし達は彼をどう慰めていいかわからなかった。わたし達は彼の才能を信じた。しかしその当時、彼は運がなかった。でも幸いなことに彼の時代が来た!

ついに運命は彼に有利に働いた。彼がかつては手に入れられなかったもの全てが、今は彼の周りに押し寄せた。映画、アルバム、コンサートの契約が、みな春の川のように突然彼に押し寄せてきた。彼にふさわしい名声、地位、賞を一夜にして得た。わたし達はとても喜び、安心して、誠意を込めて喝采した。
レスリーは有名になった後も、決して変わらなかった。彼は誠実で率直で、常に楽しみを求めていた。同時に彼は娯楽企業を通して見ていた。その為、彼のキャリアのピークの時に、彼は引退を発表し、全ての競争から離れた。
「ぜひもう一度歌って!」最近、映画の撮影を一緒にしている。わたしは現場で彼とおしゃべりをしたが、チャンスを掴まえて「あなたが歌わないとわたし達、みなとても寂しい。」と言った。「ノー」彼は少しもためらわずにすぐに返事をした。「他に人に歌わせようよ。」わたしは本当に彼が歌わないのを寂しく思う。今に至るまで、台湾と香港の全ての歌手の中でも、誰も彼ほどのユニークな魅力を持っている人はいない。彼の声は完璧な共鳴で、深く豊かで、「まろやか」で「ハスキーな低音」が耳に心地よい。まさに熟成した古いワインのようで、温かく、繊細な魅惑がある...「奔向未来日子」、「男たちの挽歌2」のテーマ曲はまさにユニークな歌だ。それは悲しみと成熟の感覚が混ざっていて、それが困難に起因するというのをレスリー・チャン以外に誰がそれほど完璧に表現することができるだろうか?レコーディングはいつもレスリーに対する喜びである。彼はいつも家で完璧に練習をしてきて、準備ができていた。テイク1はいつもとても良い。テイク2で「それがいい」と言いたくなるだろう。テイク3では完璧だ!早いし、素晴らしい!あなたの要求を満たせなかった多くの他の歌手達のように、あなたさえ、あなたの心を話してしまった。

レスリーはパーティーをするのが好きだった。毎年クリスマスに彼は良いホテルを選んで、おいしい食べ物を選んで、友人達と集まった。「あなたは一度も来なかった」 かつて彼はわたしに文句を言った。彼はわたしが最近どんなパーティーにも出席しないのを知らなかった。「今年は来てよ!」彼は言った。「ごめんなさい。わたしは23日に香港を出て、31日に帰ってくるの。決まっているスケジュールで、変更できない。」しかし、レスリーとワインを楽しむのは本当に楽しめる!彼があなたの前で歌っているのを、すごく近くで聴くと、全くたとえようのない喜びだ。
今年のクリスマスパーティーで、彼は再びたくさん歌わなければならない。本当に残念なことにわたしはすでに友達と他の場所で約束をしてしまった。またはわたしは、例外を作って、レスリーがホストのパーティーに押しかけたいと思う。彼が「In Love with you」を歌うのを聴く時だけ、彼の全てのルールを破ってもらおう。
[PR]
by Franny64 | 2010-08-24 20:58 | Magazine | Trackback | Comments(0)

Korean dish

明日の家族のBirthday partyの時に持ち寄るお料理のテーマは韓国料理になったので、何がいいか、いろいろ検索していましたらレスリーがチョン・ジヒョンのインタビューの中で、「ビビンバ」とか「キムチ」と言っている映像を見ました。(^0^)
(なぜか、映像が貼れませんでした。(^^;)

もしかしたらレスリーが好きなお料理なのでしょうか?...ということで、明日はビビンバに挑戦してみようかなと思います。
[PR]
by Franny64 | 2010-08-21 08:40 | Monologue | Trackback | Comments(0)

Days of Being Wild

「欲望の翼」には幾つかのバージョンがあるという話は、プレノンアッシュの篠原さんのトークイベントの時にも伺ったことがあったのですが、すっかり忘れていました。
以前、レスリーファンでおしゃべりをしている時に、「欲望の翼」は台湾版が違うらしいという噂があるという話だったので、確認してみようかなと思って探していた時に、違うバージョンが話題になっている英文記事を見つけました。(台湾版が違うらしいということは未確認ですが...多分同じだと思います。)
記事は訳していてもよくわからないところがありました。(^^;幾つかのバージョンも、実際に観てみないと、内容がよくわからないのでうまく訳せません。(><)百聞は一見に如かずですから...DVDの特典映像などに、そういうのが入ったら面白いなと思いました。
[PR]
by Franny64 | 2010-08-20 23:55 | Monologue | Trackback | Comments(0)

Years of being obscure-part 10

続き

部分的な解決、より多くの謎

2001年に戻ると、シェリー・クレイサー(Shelly Kraicer) 、中国映画リストの主催者はかつてこのバージョンについて観たことがあると書いている。更に何人かの人々も覚えていることや意見を話した。2004年に、わたしは何人かの香港の友人達にそれについて尋ねた。香港映画についての長い経験のある映画製作者、プロデューサー、専門家のシュウ・ケイが答えた。

わたしは説明してくれたフィート数を覚えている。もしわたしが正しければ、これは真夜中の初日上映の後で再編集されたウォン・カーワイバージョンだ。そしてこれはその次の週の通常上映のための「公式のリリースバージョン」だった。

「欲望の翼」は1990年12月15日に公開されて、12月27日まで上映された。。そこで多分これは香港で見られたバージョンだと思う。2001年シェリーのリストの書簡によると、ラボから直接、「プレ・プレミアバージョン」を見たBerenice Reynaudはプロローグにあたるものがフィルムにはなかったのは「確かだ」と言った。

シュウ・ケイは幾つかのギャンブルの連続シーンについての情報を教えてくれた。

アンディ・ラウがカードゲームをしているショットで、その後喧嘩をするのは(原文ママ)映画の最初の方に長いシーンがある。アンディ・ラウは九龍寨城のやくざのような役を演じているところだ。(役の、「欲望の翼」の最初のコンセプトの多くは、ジェフ・ロウ(Jeff Lau)の「天地長久」(1993年)で繰り返された。アンディの役は後に警官に変えられた。

2人の他の香港の観覧者がわたしに、修正されたバージョンではビッグスターのトニー・レオンとアンディ・ラウがマイナーな役なので、プロローグなしで、映画の初めに、目立つように登場するように意図されたのではないかと語った。マイケル・カンピ(Michael Campi)は2001年のレポートで「わたしは映画から若干の収益を得るために、慌ててトニー・レオンを最初と最後のシーンにさっと入れるように決められた」と書いた。

もしこれが巧みな戦略であったなら、それは「楽園の瑕」のインターナショナル版(オリジナルは台湾版)でプロローグとエンディングで激情的な戦闘シーンを見せるように変更したのと似ている。それらの描写は、香港映画祭のプログラマーLi Cheuk-toにより、視聴者がおしゃべりに終始する映画よりも、むしろこの剣術シーンを置く方が確実だと説明され、デザインされた。

けれども、物事は安定からは程遠い。プロローグは主要な点であるが、わたしの見た最後のリールは1990年の再編集されたバージョンであると想定すれば、述べてきた大まかな事情はどのようにエンディングの相違を説明するのだろうか?なぜ聴衆の不満やプロデューサーの要求はウォンにスタジアムや時計のショットを削除することを強いるのだろう?またはフィリピンでのルルの異なった(そしてより分かりにくい)シーンを代用するのか?またはヨディと警官の間の列車の会話を変えるか?列車の異なる長いショットを入れるか?或いは忘れられない「Perfidia」のテーマを削除するか?

さらにわたし達はまだ真夜中に行われたプレミアバージョンがどうだったのかわからない。それは今日のインターナショナル版と同じなのか、第3版の変形なのか?換言すれば、ウォンはオリジナルを再検討したのか、再修正したのか?彼、或いは販売担当者がどの点で、わかりにくいバージョンを通常のバージョンに取り替えたのか?

6月より前にわたし達のブログではGrover CrispのMadisonの訪問でディスカッションした。彼は全ての重要なシーンには代わりのバージョンが存在すると論じた。わたし達は単純にそれを受け入れる。それは特に香港映画では真実なことで、多くの市場で再編集版が出回っている。そしてわたしはそれが特に「欲望の翼」の難しい異なる版があることで、わたし達に仮想の物語の可能性を想像させ、この得体のしれない映画のアピールも加わる。それにもかかわらず、わたしはこのすべてのより多くの情報を歓迎したい。特にウォン・カーワイ自身からの情報を。

アレックス・ウォン(Alex Wong)、プロローグの台詞部分をわたしのために訳してくれてありがとう。

a0020835_21135966.jpg

--------------------------------------------------------------------------------
Article printed from Observations on film art: http://www.davidbordwell.net/blog
URL to article: http://www.davidbordwell.net/blog/?p=2453

終わり
[PR]
by Franny64 | 2010-08-19 00:01 | Film | Trackback | Comments(0)

Take a rest

8月5日~18日までブログの更新をお休みします。
[PR]
by Franny64 | 2010-08-05 09:03 | Monologue | Trackback | Comments(1)
香港の友人達から投票のお願いです。

CNNニュース、芸術文化の番組「Icon(アイコン)」では、音楽雑誌「Songlines」と協力して、世論調査を行っています。これまでの50年の音楽シーンで、20人の世界的に最も有名な人物、例えばマイケル・ジャクソン、エルビス・プレスリー、ビートルズ、ボブ・ディラン、ジェームス・ブランなどが最終選抜者としてリストに残りました。世界中から他にも音楽の伝説を持つ人々と一緒に、レスリーの名前が挙がっていることを、わたし達は誇りに思います。どうか、わたし達の最愛のレスリーのために、投票をお願いします。(5名を投票で選ぶことができます。)

Vote for your top five most iconic musicians

投票はTOP5を選ぶため、選ぶミュージシャンを5名決めます。
Leslie CheungはRateをクリックして1を選んでください。Top1に入ります。他のミュージシャンに順位をつけ、Rate 2,3,4,5を選びます。YOUR TOP FIVEのところに投票したイメージが入ります。最後にSUBMITをクリックすれば完了です。
何度でも投票できるそうです。ぜひ、レスリーファンのお友達にお知らせしてください。
Blogをお持ちの方は、ぜひBlogでお知らせしていただけると嬉しいです。
[PR]
by Franny64 | 2010-08-04 10:35 | News | Trackback(1) | Comments(0)

Years of being obscure-part 9

続き

ウォンは「今すぐ抱きしめたい」の中で、(「Take My Breath Away」わたしが「プラネットホンコン」で分析した注目に値するシーケンスの)ミュージック・モンタージュを使っていた。 しかし、そこでは幾分ナレーション的なシチュエーションで、鋭く描写されている歌詞の内容が作用していた。アンディがマギーをランタオ島に訪ねて、不器用ながら彼女に愛情を伝える。「欲望の翼」の中ではこのシーケンスは難しい。なぜならとてもはっきりとしたナレーションを入れているから。それは映画を支配するけだるさのムードを作りだしている。しかしそれはまた、次に続くストーリーの中で、決して写実的ではない犯罪者の状況(ギャンブラー、ナイフを持った手)があるということをほのめかす。

トニーのかなり分かりにくいオープニングショットに続いて、このシーケンスは他の疑問を抱かせる。わたし達はアンディが勤勉なパトロール警官であることを後に知るだろう。彼はこの盗賊の巣窟でなにをしていたのだろう?地元の観客は九龍寨城は九龍の中心部にある犯罪者の巣窟のようなところと認識している。アンディは警官の制服を着る前は秘密捜査官であったのだろうか?

そして、誰がナイフを掴んでいるのだろう?最初、わたしはそれはアンディだと思った。しかし、よくよく見てみるとそうではなさそうだ。最後のロングショットの時には彼の手には何も持っていない。誰かが彼に忍び寄っているのか?わたし達には決して見出せない。

ウォンはわたし達に出来事の印象を与えるのが好きだ。時々登場人物の意識にリンクさせたり、イメージが高まり、カンデンツァは音楽とブレンドされた。しかし、「今すぐ抱きしめたい」の音楽モンタージュとは異なり、これはストーリーの言葉としてほとんど判読できない。「欲望の翼」での他の何も映像の広がりとしての自由無形式がない。それは詩的なジャンルの慣習を使うことへのウォンの関心についての象徴と限られたケースの候補になる。また、プロットの条件でそれらを気にしないという彼の不本意。

続く
[PR]
by Franny64 | 2010-08-03 21:13 | Film | Trackback | Comments(0)

Years of being obscure-part 8

続き

突然、男の腕を蛇が這っていくピントのあまいショットがある。そのショットはただ16コマで、3分の2秒である。(Frame-count(フレームカウント)のページへ)
これはアンディが頭を回すたったの19コマのぼんやりとしたショットに続く。それはあたかもアンディの眼をほとんど蛇が惹きつけたようである。a0020835_8331552.jpg
a0020835_8334884.jpg


まだピントがあまいショットで、蛇を持つ男は立ちあがり、カーテンの後ろに行く。タバコの煙がふんわりと漂い、紙の切れっぱしが電球にかぶさるショットに切り替わる。a0020835_8353243.jpg
a0020835_8372090.jpg

クラッシックなミステリアスなショット、スーツを着た力強い魅力的な男性のショットが後方から見られ、カメラは彼から戻って、構成を独占する。しかし、彼のアイデンティティを明らかにする代わりに、ナレーションは、ピントをあまくして、ゲームに戻るアンディのショットになる。a0020835_8464224.jpg
a0020835_8481065.jpg

新しい連続の段階が始まる。カメラは岩壁に当てられ、水がそこに滴り落ちるのを見せる。そこで廊下に戻っていることをわたし達に確認させ、岩壁からナイフを奪っている手を見る。a0020835_8505099.jpg
a0020835_8512486.jpg

別のアングルから、手はフレームの向こう側でナイフを引き寄せる。
a0020835_8535795.jpg
a0020835_8541839.jpg

その時、動きの対立線は上に、そして右に最初のナイフのショットに、水平方向の左にこのショット。リズミカルな衝突はショットの短さまで強調される。(30コマ、21コマ)2番目のショットの最後は、暗い背景へと誰かが歩いていくショットをちらりと見ることができる。

ナイフのショットはアンディが廊下を歩いているクローズアップのショットに続く。それらは連続の始まりより多くのショットで。最後のショットは彼が遠くに歩いている様子を見せる。彼の手を左の壁においたこのテイクは早い時のものの続きのように見える。歌が流れ、フェードアウトとなる。
a0020835_8552720.jpg
a0020835_8562094.jpg

アンディが廊下を歩いていくショットのフェイドアウトの後、タイトルクレジットが再び始まり、それからヨディとリーチェンの主要なシーンの紹介に入る。

続く
[PR]
by Franny64 | 2010-08-02 20:34 | Film | Trackback | Comments(0)

Years of being obscure-part 7

続き

わたしはこれらのショットのスチール写真を手に入れることができた。だから、フィルムがよくない状態にもかかわらず、わたしは1枚1枚見ていくことができる。(映像はとても暗くて、プリントはすり減っていて、小さな斑点がある。トニーのオープニングのシーンから、わたし達は80ショット見ることができる。全てスローモーションで、ピントがずれていて、ほとんどすべてカメラの動きを使っている。しばしばカットは普通のやり方であるが、時々接続は完全に動いているショットである。ウォンの作品ではよくカットのタイミングに音楽の旋律を合わせる。

最初のショットは女性が階段を昇っているのを見せる。(花様年華のチョンサン(長衫)を予示している)そして、蛇を持つ男を追い越す廊下のシーンの前に、彼女の後に、素早く見上げるアンディをカメラが捉える。
a0020835_991667.jpg
a0020835_9103836.jpg

a0020835_913138.jpg

左のアンディのショットはややクローズアップで、顔の汗を拭いているもので、それから彼が歩いていくショットを、焦点から外してカットする。
a0020835_863496.jpg
a0020835_895636.jpg


アンディは手を壁に伸ばして、コーナーをひと回りし、ホールに降りていく。それらの疑似マッチの一つでは、別の手はまるで彼の動きを終わらせるかのように、ドアに滑らせる。わたし達は中でカードゲームをしているところを見る。画面はアンディの視点だが、カメラは後ろに滑るように動く。a0020835_8222321.jpg
a0020835_823238.jpg


クローズアップで、タバコを手にしている。僅かな傾きとラックフォーカス(訳者注:背景のショットから対象のショットに移行するカメラの技法)により、カードプレーヤーがアンディだと明らかになる。
a0020835_8152627.jpg
a0020835_8164115.jpg



続く
[PR]
by Franny64 | 2010-08-01 06:02 | Film | Trackback | Comments(0)

レスリー・チャン(張國榮)に関するmy memoir 


by Franny64