<   2012年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

REIMAGINE LESLIE CHEUNG Concert

明日は香港コンベンションセンターホールでREIMAGINE LESLIE CHEUNG Concertがあります。

浮想聯翩張國榮演唱會REIMAGINE LESLIE CHEUNG CONCERT
3月1曰香港會議展覽中心HALL 午後8時

チケット
a0020835_23391488.png

出演歌手
ジョージ・ラム/ハッケン・リー/カレン・モク/プルーデンス・ラウ
ヒンズ・チャン/ケイ・ツェ/エリック・ソン/Mr./ケイリー・ウー/Swing
ケルビン・クワン/キーヴァ・マック/アレックス・ラム/Robynn & Kendy
ケリー・チャン/イーソン・チャン

どこかで映像が見られたらいいのですが...
[PR]
by Franny64 | 2012-02-29 00:13 | News | Trackback | Comments(0)

レスリーの映画上映

横浜の映画館Brillia SHORT SHORTS THEATERで、香港映画祭のプログラムで、レスリーの出演した映画が上映されます。みなとみらい駅から徒歩5分のところ

男たちの挽歌 2月20日〜2月26日

男たちの挽歌Ⅱ 2月27日〜3月4日 19:50-21:40pm

狼たちの絆 3月26日〜4月1日 時間はまだ未発表19:50-21:40pm

毎週火曜日は休み

映画館アクセス:http://www.brillia-sst.jp/shortshorts/access/

ブリリア ショートショート シアターでは、1回の上映が約60分(1プログラム)。60分の中で、世界各国のショートフィルムが4〜6本ご覧頂けるというシステムです。ショートフィルムという事で、上映時間、料金もショート! 60分間の気軽な映像世界の旅へ。ぜひ気軽に足をお運び下さい。

・大人/学生¥1000
・小人(3歳〜中学生)¥800
・シニア(60歳以上)¥800
・ハンディキャップ (付き添いの方1名まで同額)¥800
※イベント時は、別途料金設定になる場合がありますのでご確認の上、ご購入ください。

■全席指定/完全入替制
■購入方法:シアター窓口、シアターWEB、携帯電話
※上映の1週間前から発売
※WEB、携帯電話からの購入は、上映の2時間前までとなります。

シアターWEBはこちら>http://www.sstheater.jp/sst/schedule/index.php
男たちの挽歌Ⅱは大人1000円です。オンライン予約ができます。
[PR]
by Franny64 | 2012-02-28 23:55 | Film | Trackback | Comments(0)
参考文献
小説本

さらば、わが愛―覇王別姫 (ハヤカワ文庫NV)

李 碧華 / 早川書房



a0020835_20182584.jpg

Farewell to My Concubine

Lilian Lee / Penguin Books Ltd



a0020835_19543167.png覇王別姫 李碧華 天地図書
[PR]
by Franny64 | 2012-02-27 23:55 | Film | Trackback | Comments(0)

Farewell My Concubine :Summary

続き

第8章

10代の子ども達は共産党の紅衛兵になって、授業が中止になると子ども達は欧米や中国の伝統文化と関わりのあるものを探しだす為に人々の家を荒らすことができた。ある晩、紅衛兵は小樓と菊仙の家を夜間襲撃し、菊仙が壁にかけていた蝶衣から贈られた刀を没収した。その刀は毛沢東の肖像画に向けられていて、それは彼らが毛沢東の死を望んでいる表れだという理由で。菊仙と蝶衣を救う為に小樓はその刀のための信用を得る。

映画化
「覇王別姫」は北京フィルムスタジオで1993年に長編映画として翻案された。チェン・カイコーによる監督、リリアン・リーとウェイ・リーの共同脚本、程蝶衣にはレスリー・チャン、段小樓には張豊毅、菊仙にはコン・リーが出演した。それはMiramax Home EntertainmentからDVD とVHSが出ている。

翌晩、小樓と蝶衣は裁判にかけられ、お互いに知っている過去の悪行を告白するように言われる。最初に2人は互いの過去について、無害な事実を話すが、紅衛兵が彼らを脅かすと、役者たちは悪意のある互いの人生の不利な側面を明らかにした。菊仙が痛めつけられることを心配して、小樓は彼女と離婚すると兵士に話す。彼女は悔しくなる。小四は蝶衣の同性愛について話し、蝶衣はまた逮捕される。蝶衣は拘留中に自殺に失敗する。小樓は労働改造(労働を通して再教育を受けること)になり、荷物を取りに家に戻った時に、菊仙が首を吊って死んでいるのを目撃する。翌日、小樓と蝶衣は別々のトラックに乗せられ、遠隔地での別々の労働作業所へと連れて行かれた。

つづく
[PR]
by Franny64 | 2012-02-25 23:55 | Film | Trackback | Comments(0)

Farewell My Concubine Summary

つづき

第6章
1945年の夏、小樓が京劇を諦め、スイカを売っている間、蝶衣のアヘン中毒は悪化していた。関師匠は彼らが互いに争い、京劇を諦めていることを叱責し、1ヶ月以内に彼らに舞台に復帰するようにと罰を与える。関師匠はその1ヶ月を待たずに亡くなり、2人は師匠の葬式の費用を捻出する為に慈善興行を行なう。日本の降伏後、中国経済は異なる派閥の争いによる混乱に陥った。小樓は蝶衣を守る為に戦い、菊仙は小樓を守る為に介在する。彼女はおなかを打ち、2人の子どもを流産する。蝶衣は反逆罪で逮捕される。しかし中国政府のために公演をすることにより許しを得る。蝶衣と小樓は路上で京劇を演じ、観客に見せる。中国のすべてのものが共産主義の人民解放軍のコントロール下に入っていく。

第7章
1949年、京劇が再び盛んになった。時代は新しく中国人民共和国になったが、劇場は革命活動の為に使用された。小樓と蝶衣は反革命主義者と非難され、裁判で死刑を宣告された蝶衣のかつての愛人袁四爺を目撃する。蝶衣にひどく扱われていた古くからのアシスタントの小四は、新しい共産党に高揚していた。党の指令の1つとして、蝶衣と小樓は識字クラスを取っていた。1960年代半ばは、芸術は人々の感情を操る道具のように見られていたので、蝶衣と小樓の社会的階級はとても低かった。1965年に党が蝶衣と小樓をありふれたプロパガンダの芝居を演じるように命じた。彼らに反抗して、小樓と蝶衣は自分たちの古い衣装を切り捨てた。

続く
[PR]
by Franny64 | 2012-02-24 23:55 | Film | Trackback | Comments(0)

Farewell My Concubine: Summary

つづき

第3章
小豆子と小石頭は京劇団に入り、劇団のマネージャーから新しく大人の名前をもらう。小豆子は程蝶衣、小石頭は段小樓になる。蝶衣と小樓は京劇「覇王別姫」の演技で有名になる。ある舞台で、袁四爺ーこの劇団の金持ちのパトロンーが程蝶衣に目を留め、彼に魅力を感じた。

第4章
舞台の後、蝶衣と小樓は京劇の重要性について議論を始めるが、袁四爺が楽屋に訪問することで中断される。蝶衣は彼に敬意を払うが、小樓はそうしない。そして近所の売春宿である花満樓の菊仙に会いにいくために言い訳を言う。小樓は客が自分のその口から菊仙に口移しでお酒を飲ませようとしているところを助ける。とっさに菊仙は小樓に彼女と結婚してと頼み、小樓もそれに応じる。彼は素早く婚約の印として酒を飲みかわす儀式を行う。翌日、蝶衣は手紙の代筆屋に行き、母への手紙を頼むが、その後涙を流して、それを投げ捨てる。菊仙は売春宿やから自由を買い取る。

第5章
菊仙は小樓と蝶衣の楽屋に赴き、彼女が小樓と結婚する為に売春宿から自由を買い取ったことを報告する。小樓は結婚については真剣ではなかったので、声も出せないくらい驚いたが、彼女と結婚することを決意した。蝶衣は菊仙によって小樓を奪われたことでショックを受け、彼の家に来ないかという袁四爺の誘いを受けてしまう。そこで袁四爺は彼を酔わせて、レイプする。蝶衣は翌朝早く刀を持って帰る。その刀は彼と小石頭が10年前に市場で見たもので、それは袁四爺から昨夜の行為への贈り物として贈られたものだった。蝶衣はそれを小樓に結婚の贈り物として与えた。日本の騎兵隊が北京に到着した。

小樓の結婚後、蝶衣は小樓とは共演しなくなったが、小樓なしでも旦として有名になった。蝶衣は菊仙への嫉妬からアヘンを吸うようになる。日本軍警察の要請により、蝶衣と小樓は京劇「覇王別姫」を再び演じる。しかし小樓は日本の兵士が中国人の客たちを倒した後は、舞台を続けるのを拒否する。小樓は逮捕され、菊仙は蝶衣に彼を救ってくれるように頼む。蝶衣はもし菊仙が小樓のもとを去るなら助けると、その依頼を受ける。蝶衣は日本政府の為に京劇の舞台に立ち、小樓の自由を獲得したが、菊仙はその約束を破り、小樓と一緒に居続ける。

続く
[PR]
by Franny64 | 2012-02-23 23:55 | Film | Trackback | Comments(0)

Farewell My Concubine :Summary

しばらく(--; 開いてしまいましたが、「さらば、わが愛 覇王別姫」の資料を訳していたので、続きを再開します。内容は映画ではなく、原作である小説「さらば、わが愛 覇王別姫」を扱っています。
Farewell My Concubine :Introduction


Farewell My Concubine :Summary
「さらば、わが愛 覇王別姫」要約

第1章
覇王別姫は娼婦と役者について、またその2つの職業がどれほど現実からかけ離れているかを簡単に説明して始まる。それから読者には舞台役者で女役虞姫と男役項羽が紹介され、2人の役は男たちによって演じられるが、1人の男がもう1人の男を愛していることがわかる。この短い紹介の後に、物語は1929年冬の中国、北京の市場へと時を戻す。

艶紅は関師匠(京劇の師匠)に自分の小さな男の子ー小豆子を見習いとして取ってほしいと頼みにいく。関師匠は拒むー艶紅が包丁で小豆子の余分な指を切り落とすまで。艶紅と小豆子は関師匠と10年の契約をする。その間、小豆子の人生は関師匠のもとで京劇の役者としての訓練を受けるということで。小豆子は最初、難しいと感じるがすぐに弟子達のリーダー格の小石頭と友達になる。少年達は京劇の訓練で長い日々を過ごし、小豆子と小石頭は彼らの中でも最も才能を持つものとなっていく。彼らは役を与えられ、小豆子は旦として女形に選ばれ、小石頭は生として男役に選ばれた。

第2章
春花茶館で行なわれた見習い生達の最初の舞台は多くの観客達が訪れて成功した。彼らは金持ちの宦官の倪老公のお誕生日会の舞台に立ち、その舞台の後、小豆子は彼に抱かれる。新年、小石頭は小遣いをお菓子に、小豆子はハンカチーこれが彼の最初の京劇衣装のコレクションーに使う。2人は一緒に素晴らしい刀を見て、小豆子はいつか小石頭の為にこれを買うよと言う。弟子達と関師匠は集合写真を撮っている。10年後、1939年、兄弟のように親しくなっていた少年達は、今、関師匠の養成所を卒業し、それぞれプロとしての仕事を始めることとなった。

第3章へ続く
[PR]
by Franny64 | 2012-02-22 23:55 | Film | Trackback | Comments(0)
RED MISSIONからのお知らせが届きました。

RED MISSION Japan スタッフブログ
http://rmjnews.exblog.jp/15463004/
[PR]
by Franny64 | 2012-02-21 08:09 | RED Mission | Trackback | Comments(0)

2012.2.17 Apple Daily

2012.2.17 Apple Daily の記事を訳していただいたので載せておきます。

2012年2月17日
「テレサ・モウは哥哥の旧作を見るのを避けている」

テレサ・モウは昨日亜視の高志森が司会する番組の収録をした。
毛姐は主演した経典の作、正月映画の「家有[喜喜]事」で
レスリーと合作した時の事をほんの少しだけ話した。
毛姐は今もこの映画を見ることができない。
彼女は説明した:「私はできるだけ見るのを避けている。
見ると、たくさん阿仔(レスリー)の事を思い出し
とても辛くなるから。」
毛姐はまた自嘲し話した:自分は記憶力が良くないので
小さな事はみな忘れてしまった。ただ大切な事だけ覚えている。
忘れっぽいので、今でもKeepして若くいられるのだろう。

Translated by M.O
[PR]
by Franny64 | 2012-02-19 23:55 | Magazine | Trackback | Comments(1)

To You


[PR]
by Franny64 | 2012-02-18 23:55 | Song | Trackback | Comments(0)

レスリー・チャン(張國榮)に関するmy memoir 


by Franny64