Bobo Wuさんのインタビュー

ちょっと悲しいところもあるけれど、彼女(ボーボーさん)のインタビューがよかったからと香港の友達が内容を訳して送ってくれました。日本のファンにもシェアしてほしいと言っていました。

a0020835_14380955.png
ボーボー・ウーさんは有名な映画のコスチュームデザイナーでイメージデザイナーです。テレビ番組の主催者は、アーティストとの関係についてや、彼女がデザインした服にアーティストが何か言う人がいるのかどうか聞きました。

また、レスリーのことも話してくださいと頼みました。レスリーの名を聞くと、彼女はとても悲しそうに見えました。「彼は私が渡したものはなんでも身に着けてくれたわ。彼はまだとてもハンサムに見えました。私はとても悲しくなるの。彼について考えるときはいつも、とても悲しい気持ちになります。

その時、彼は私に言ったんです。「 ボーボー、僕は寝られないんだ。もう一年にもなるよ...」ボーボーはそう言った後、涙を抑えていました。彼女は続けました。「なぜ」と彼に尋ねました。彼はまだ彼のキャリアのピークにいました。彼はまだとても美しい。彼の愛の生活、キャリア、富にかかわらず、すべてを所有していました。これからも彼はそうし続けるだろうし、100歳になっても非常にハンサムなままでしょう。私は非常に長い間泣きましたが、今は自分自身をコントロールすることができ、簡単に泣くことはありません」

テレビのホストは彼女に、映画のためにレスリーにしたことを聞きました。彼女はレスリーは何を着ても、非常にハンサムであったと言いました。でも、時々、彼の帽子や眉を少し調整することによって、より自信を感じさせるように努めたと言いました。そうすることにより、彼は大きな画面でも十分に完璧だと感じることができたのです。

[PR]
トラックバックURL : https://leslie.exblog.jp/tb/238506671
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by Franny64 | 2018-05-07 15:03 | Film | Trackback | Comments(0)

レスリー・チャン(張國榮)に関するmy memoir 


by Franny64