Exclusive Interview: Wong Kar wai--part 5

続き

フィクションを作るということはわたし達が神になることに近いですね。

はい、でもそれらは見えないでしょう。しかし、このビジネスにあっては、それを信じさせることができます。

それで、あなたはどのようなアーティストから描くのですか?誰があなたに大きな影響を与えましたか?

わたしはただ1人を挙げることはできません。でももしわたしが言わなければならないとしたら、それはわたしの母です。なぜなら彼女はわたしのこの映画の世界を教えてくれたからです。

あなたが振り返りたい映画はありますか?

時によります。はい、しかし今、わたしはそれを一番期待していない時に映画を見るのが楽しいです。わたしはたくさん映画を見てきたと思います。しかし、どういうわけか...それはお薦めの、確かな映画です。それで確かな期待を持ってその映画を見ます。でも、わたしは偶然に出会った映画を見たいのです。「わたしはこの映画を見るつもりではなかった」というのが最高です。でも、今はどういうわけかそれがあります。それが最も満足できる経験をもたらします。この2日間、わたしはモノクロ映画をTCMで見ました。それはわたしが今まで聞いたことがなかったもので、素晴らしかったです。


名前を覚えていますか?

それはジンジャー・ロジャースの映画でした。でもよく知られていない映画です。

あなたは映画を見る時間が必要だと思いますか?もっと映画と過ごす時間が必要ですか?

はい

それは栄養になると思います。時々、少し、月並みなことに困惑することもありますが、そこには何かがまさに...

そうです。それがわたしが映画を見る理由です。しかし、わたしはまだ覚えていますが、...数年前、わたしはロサンジェルスにいて、そこではスターウォーズがオープニング上映されていました。シリーズ最初のスター・ウォーズでした。わたしは大ファンの友人と一緒に映画に行きました。そしてわたしは今まで中国映画では見たことのなかったものを見ました。それは多くの人々や子ども達、その保護者達です。このファーストシリーズの大ファンの人々でした。そして音楽がスタートすると、ルーカス映画ロゴが出てきました。それはパーティーのようでした。叫び声と拍手と。映画の最初の10分間は何も聞こえませんでした。その部分は見られませんでした。まるでパーティーのようでした。

わたしたちはこの対談を終わりにしなければなりませんでした。わたしは彼に、わたしの「ブエノスアイレス」のポスターにサインをしてくれるように頼みました。彼は応じてくれました。わたしは彼にこの映画について話してくれたフランス人のガールフレンドがいることを話しました。そしてわたしはこの映画と彼女に恋をしたと話しました。彼は「君達はまだ一緒なの?」と聞いたので、わたしは「もちろん、違います」と答えました。そしてわたし達は一緒になってクスクス笑いました。

Ashes of Time Redux は金曜日から上映されます。

終わり

EXCLUSIVE-INTERVIEW-WONG-KAR-WAI-ASHES-OF-TIME-REDUX
[PR]
トラックバックURL : https://leslie.exblog.jp/tb/8476171
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by Franny64 | 2009-06-22 23:55 | Film | Trackback | Comments(0)

レスリー・チャン(張國榮)に関するmy memoir 


by Franny64